エンジニアの疑問

【SE・プログラマー】エンジニアはスーツと私服どっちが多い?【経験談】

更新日:


ITエンジニアである私が、初対面の方と世間話をする時に、よく尋ねられる質問があります。

私服勤務って本当ですか?」と。

どうやら世間的に、IT企業勤務の方は、私服で働いているイメージがあるみたいです。

下記のことが、知りたい人向け

「私服・スーツ」どちらが多いのか
「私服・スーツ」どちらの方が良い企業なのか
「私服」の企業に転職する方法

そこで今回はSE・プログラマーなどのエンジニアは、「スーツ or 私服」どちらの勤務が多いのか、説明していきます。

【SE・プログラマー】エンジニアに、スーツは必要か?

結論から言うと、SEやプログラマーなどのエンジニアに、スーツは必要ありません。

これって、ほとんどの仕事に言えることですが、スーツによって、仕事効率が落ちることはないですよね?

当然、エンジニアも例外ではないです。

ただ、状況によっては、「スーツのみOK」「私服もOK」の場合もあります。

状況というのは、下記のようなもの。

「社内の人としか、会わない場合」
「社外の人とも、会う場合」

この二つ。

社内の人としか、会わない場合

この場合は、スーツを着用する必要はありません。

結局、スーツを着る時って、相手に失礼がないようにする為ですよね。

企業として「私服OK」の場合、OKされているのですから、当然失礼ではないです。

ただ、「私服NG」の場合は、勿論ダメ。

社内のエンジニアはスーツで来ているのに、その中で私服だったら違和感バリバリです。

というか規則違反なので、普通に怒られますね(笑)

✅社内の人としか、会わない状況

・プログラミングの時
・内部テストの時
・設計書などのドキュメント作成時

社外の人とも、会う場合

社外の人と会う予定がある場合、スーツの必要性が出てきます。

というのも、「社外の人」というのは、「取引先」になる為、失礼な態度を取る訳には、いかないからです。

まぁ「私服が失礼とはならない」パターンもありますが、人によっては悪印象を与える可能性もある為、スーツを選ぶのが無難なのです。

✅社外の人とも、会う状況

・ユーザとの打ち合わせの時
・ソフトの導入時
・総合テストの時
打ち合わせは、Web会議でする企業も多いから、私服で参加する人もいるよ!

私の会社はスーツなの?私服なの?

結論から言うと、スーツ・私服」どちらもいます。

きっちとした、ルールがある訳ではなく、「どっちで来てもいいよー」って感じです(笑)

ただ、男性の場合は、スーツの方が多いような気がします。

特に若い人。

多分、会社に長くいて慣れてきた人が、くだけて私服になっているのかと思います(笑)

一方、女性は私服の方が圧倒的に多いです。

というか、スーツで来てる女性は、「他社に打ち合わせの用がある」場合でしか、着てませんね。

会社全体では、男性の方が多い分スーツ寄りとも言えます。

他社のエンジニアはどうなの?

他社の場合でも、「スーツまたは私服」どちらの企業も存在します。

スーツ限定の企業はもちろんスーツのみですが、私服OKの場合はどちらを選んでもよいです。

ただ、どちらかと言うと、スーツ限定のIT企業の方が多い印象ですね。

世間のイメージとのズレを感じます。

ただ、昔に比べると私服勤務OKの企業は、かなり増えたよ!

SEやプロジェクトリーダーは、スーツが多い

IT企業は役職によって、「スーツ or 私服」に分かれることもあります。

例えばシステムエンジニア(SE)やプロジェクトリーダーは仕事柄、顧客との打ち合わせが多い職業です。

その為、スーツを着用している確率が、プログラマーより多くなります。

一方、顧客との打ち合わせが入っていない場合、私服で勤務していることも多いです。

ただ結局は、社内の雰囲気。

顧客との打ち合わせがあっても、良い関係性をしっかりと築けていれば、堂々と私服で参加することもあるんですよ。

役職によって、社外の人と会う頻度が異なるのに比例して、スーツ率も変わってくるよ

スーツを義務化しているIT企業は、客先常駐(SES)が多い

スーツの着用を義務付けている会社は、客先常駐(SES)である可能性が高いです。

客先常駐(SES)はエンジニアを派遣する労働形態で、勤務場所は取引先。

その為、客先に失礼がないよう、スーツ着用が義務付けられているのです。

客先常駐(SES)は、ブラックが多い

客先常駐(SES)は、労働形態上ブラックである確率が高いです。

✅客先常駐のデメリット

・プログラマー、35歳定年説
・給料があがりずらい
・スキルアップ出来ない
・マネジメント能力がつかない
・勤務先がよく変わる
・自社の社員に繋がりがない
・仲良くなりづらい

上記の通り。

スーツ着用義務がある企業は、客先常駐(SES)の可能性が高い為、注意した方がいいです。

その為、ホワイトを探すのであれば、「私服勤務OK」の企業を探すのがいいでしょう。

私服勤務のIT企業を見つけるには?

私服勤務の企業を見つけるには、いくつかの方法があります。

・ホームページを見る
・口コミサイトで調べる
・転職エージェントを利用する

上記の通り。

それでは、詳しく解説していきます。

ホームページを見る

ホームページを見ると、「私服勤務か」わかる可能性があります。

見るべきポイントは、「採用情報」や「社員紹介

特に採用情報には、企業の押しのポイントとして、記載されていることがあります。

また、ブログがあるホームページなら少し覗いてみましょう。

勤務風景を載せていることも多いので、そこで確認することが出来ますよ。

口コミサイトで調べる

私服勤務の情報は、ホームページに載っていないことも珍しくありません。

そんな時は、口コミサイトですね。

元社員や、面接に行った人の情報が載っている為、通常では得られない情報も手に入ります。

ただ、「どの口コミサイトを、使えばいいかわからない・・」という人は、とりあえずキャリコネにしておくべき。

無料で利用でき、口コミ数も多い為、登録しておいて間違いはないです。

キャリコネは他の口コミサイトと比べて、一人一人の情報量がかなり多いので、オススメですよ。

転職エージェントを利用する

転職エージェントは、求職者の転職をサポートをしてくれるサービス。

要は、転職のプロです。

もちろんインターネットでは得られない企業情報も、数多くもっています。

他にも、転職に関するメリットが多数あるのも、特徴です。

・面接対策
・履歴書対策
・企業情報の提供
・未公開求人の紹介
・個人に合った求人の選定
・給料の代理交渉

上記の通り。

転職エージェントに聞いちゃえば、「私服なのかどうかも」簡単わかりますよ。

また、プロが過去のデータから、未経験者でも受かりやすい求人を判別して紹介してくれます。

さらにこれらのサービスは全て無料で利用できる為、登録しない手はないでしょう。

「なぜ無料で利用できるの?」と思われた方の為に一応説明しておきます。
転職エージェントの収入源は企業からの報酬です。

転職エージェントは人材を企業に紹介するサービスです。
企業としても新しい人材が入ってくるため、お礼としてお金を支払うのです。

これを見てわかって頂いたと思いますが、転職エージェントの利用者は永久に無料になります。

✅IT系の転職に、オススメの転職エージェント

IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT
 ※誰もが知っている大手企業マイナビです。大手だけあって案件も豊富。
 
未経験からの転職ならWORKPORT
 ※IT業界未経験者にオススメです。サポートも充実しています。
 
レバテックキャリア
 ※関東圏の方にオススメです。関東住まいの方は登録しておきましょう。

 

現役ITエンジニアが選ぶ!転職エージェントおすすめ6選

-エンジニアの疑問
-,

Copyright© ITエンジニアの底力 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.