エンジニアの疑問

プログラマーからのステップアップ、SE・PL・PMの違いを解説

更新日:

プログラマー(PG)のステップアップとして、プログラミングを極めていく方法もありますが、
SE・PL・PMになる道もあります。

SE(システムエンジニア)・PL(プロジェクトリーダー)・PM(プロジェクトマネージャー)
はそれぞれ仕事の内容が違います。

そこで今回はSE・PL・PMの仕事内容の違いを説明します。

PG・SE・PL・PMの全体像

まずはそれぞれの関係性を下記の画像にまとめました。

まず最初はPG(プログラマー)から。
そして、SE→PL→PMというステップアップがあります。
要は昇進ですね。

もうお分かりかと思いますが、PMから、PL→SE→PGと命令系統が伝わります。

また役職が高いほど責任感も増します。
上記の画像の中ではPMが1番責任が重いということですね。

では全体像がわかった所で、
それぞれの仕事内容を見ていきましょう。

SE(システムエンジニア)の仕事内容

SE(システムエンジニア)は顧客からの要望をまとめるのが仕事です。

顧客から開発の依頼が来たとき、
「どのようなシステムにしたいのか?」
ヒアリングし、要求定義にまとめます。

そして顧客から聞き出した要望を、
プログラマーに分かる形で伝えるのが仕事です。

プログラマーはSE(システムエンジニア)から聞いた情報を元に、
プログラミングしていくことになります。

SE(システムエンジニア)の難しいところは、顧客からの要望を正しく聞き出すことです。

一見簡単そうですが、大規模システムになると全体像の把握が難しくなり、
顧客との認識に違いが生じやすいのです。

企業によってはプログラミングを行う場合もあるようです。

PL(プロジェクトリーダー)の仕事内容

PL(プロジェクトリーダー)は1つのプロジェクトを管理するのが仕事になります。

内容としては、
全体のスケジュール管理システムの品質管理になります。

システムの品質管理とは「システムが要望通りに、しっかりと作られているか」を確認する役割です。
そのままですね。

また、プロジェクトの規模から必要な人員を計算し、
どのぐらいの人手がいるかを上に伝えます。

ここまでの役職になるとプログラミングをすることはなくなります。

PM(プロジェクトマネジャー)の仕事内容

PM(プロジェクトマネジャー)は複数のプロジェクトを管理します。

1つのプロジェクトは基本的にPL(プロジェクトリーダー)が進めますが、
PLがわからないことがあれば、アドバイスをします。

また人員確保や予算の決定権を持つ管理職になります。

複数のプロジェクトを並行して管理しなければいけない為、
高いスキルが必要になります。

まさにPG→SE→PLの経験がないと難しい役職と言えるでしょう。

最後に

いかがだったでしょうか。
今回はSE・PL・PMの違いを解説しました。

SE→PL→PMとステップアップしていくと、
当然給料も上がっていくので、最終的にはPMになれるように頑張りましょう。

✅IT系の転職にオススメの転職サイト

IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT
 ※誰もが知っている大手企業マイナビです。大手だけあって案件も豊富。
 
未経験からの転職ならWORKPORT
 ※IT業界未経験者にオススメです。サポートも充実しています。
 
レバテックキャリア
 ※関東圏の方にオススメです。関東住まいの方は登録しておきましょう。

 

現役ITエンジニアが選ぶ!転職エージェントおすすめ6選

-エンジニアの疑問
-, , , , ,

Copyright© ITエンジニアの底力 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.