転職の知識

SEの転職は年齢によって難易度が変わってくる![年齢別に考察]

投稿日:

✅下記のような人向け

・SEに興味がある方
・SEになるための年齢別難易度が知りたい方
・SEに転職したい方

いま最も需要が伸びている職種である「SE(システムエンジニア)」

IT業界は日々進化を遂げ、これからも需要が高まり続けるでしょう。

皆さんの中にもSEに転職したい方がいると思います。

そこで気になってくるのが「年齢」
年齢によって、転職難易度というのはどのくらい変わってくるものなのでしょうか。

そこで今回はSEの年齢別の転職難易度を詳しく解説していきます。

SE転職の年齢別難易度

年齢によって、難易度が変わることはもちろんですが、もう一つ注目しておかないといけない部分があります。

それは「IT業界の経験があるか」です。

IT業界の経験があるかどうかで転職難易度も変わってきますので、その部分についても解説します。

そこでSEへの転職難易度を「年齢別」また「IT業界経験者・未経験者」で分けましたので見ていきましょう。

SEの転職:20代の難易度

経験者の場合

結論から言うと、転職は簡単でしょう。

IT業界は今、世間のIT化に伴って深刻な人手不足状態になっています。

そんな中、「経験者かつ20代」のエンジニアは喉から手が出るほど欲しい人材です。

自身のスキルアップや大手企業への転職も可能で、ある程度倍率が高い企業を目指しても良いでしょう。

今が最も転職しやすい年齢な為、もし転職に迷っているのだったら、なるべく早く行動した方が良いです。

今の会社に「ダラダラ居座って30代になってしまった・・・」なんてことはないようにしましょう。

未経験者の場合

未経験であっても、20代であれば転職は可能です。

さすがに大手企業など倍率が高い所ばかりを狙っていたら難しいでしょうが、普通通り転職活動をしているのであればそこまで時間もかからずに転職できるでしょう。

スキルのない未経験者ですが、企業としても「20代だから成長スピードが早いだろう」と考えているため、採用する企業が多いと思います。

特にIT系の資格を所有していたり、やる気を面接官にアピールできれば、転職はそこまで大変ではないはずです。

SEの転職:30代の難易度

経験者の場合

経験者である場合は転職可能です。

ただし、30代までにどのようなスキル・技術を身に着けてきたかが重要になります。

通常30代と言うと設計や要件定義などの上流行程の開発経験や、プロジェクトをまとめるマネジメントを経験している年齢です。

特にマネジメント業務まで行っているエンジニアであれば、スキルも高く転職は容易のはずです。

一方、客先常駐SEで下流行程しか経験していない場合、転職先の幅は狭くなってしまいます。

とはいえ、大手などの倍率が高い企業を選ばなければ、転職は可能です。

客先常駐はやめておけ!デメリットを解説します。

未経験者の場合

30代の未経験の場合、転職難易度はかなりあがります。

しかし、「絶対ムリ」というほどでもなく、中小企業であれば少なからず転職可能です。

ただ「どうしても大手が良い!」という人は正直諦めた方が良いと思っています。

また、プログラムの勉強はしておくべきです。
特に独学ではなくプログラミングスクールなどでしっかりした知識を頭に入れておくと転職の可能性が見えてくるでしょう。

SEの転職:40代の難易度

経験者の場合

40代だと転職の難易度はかなり高く、採用されない人も多くいるでしょう。

特に40代後半の方は諦めた方が良いレベルですね。

可能性があるとしたら、40代前半ですが客先常駐を中心としている中小企業にしか採用されないでしょう。

しかし、他企業でプロジェクトマネージャなどの経験がある場合は、転職でもそこそこの待遇で迎えられる可能性もあります。

未経験者の場合

転職はかなり厳しい状況です。

正直SEへの道はほとんど閉ざされていると考えても差し支えないでしょう。

ただ、私の知り合いでも42歳未経験でSEに転職した方を知っているので、絶対ムリとは言い切れません。

転職可能性を少しでも上げるために、プログラミングスクールに通いスキルUpをしましょう。
ただし、プログラミングスクールで学習したからといって、転職できる保証はどこにもないのが現実ですね。

ホワイトIT企業に転職しないと意味がない

転職は「採用されたら成功!」という訳ではありませんよね。
ホワイトIT企業で仕事が出来てこそ成功といえます。

努力して勝ち取った転職先がブラックIT企業だった場合、何の意味もありませんから。

そこで、年齢別の転職難易度を理解した後は「ホワイトIT企業」を見破る知識が必要です。

下記の記事に書いてある知識と、次の項目で紹介する「SEの転職には効率的な方法がある」の知識を使って転職を成功させましょう。

【IT】ホワイト企業を見分ける17のポイント!【プログラマー・SE必見!】

SEの転職には効率的な方法がある

効率的な転職方法はIT業界「経験者」「未経験者」かによって分かれます。

それぞれの効率的な転職方法を書いておきますので、ご覧ください。

未経験者の場合

未経験者の場合、20代であればSEの転職は容易にできることはお伝えしたはずです。
ただし、皆さんが行きたいのはホワイトIT企業のはずですよね。

効率的な方法は2つあります。

1つ目はWORKPORTなどの転職エージェントを利用して転職する方法です。
転職エージェントは転職サポートが充実しているサービスの為、利用して損することはありません。

そして2つ目はプログラミングスクールに通うことです。
自分のスキル・技術力をUpさせておくと、ホワイト企業への採用確率を少しでもあげることが出来ます。

プログラミングスクールでは現役のITエンジニアが講師となり教えてくれるため、スキルが凄まじいスピードでアップしていくはずです。

授業期間が終わった後も、転職サポートもしてくれるスクールも最近は増えてきてますので受講後も安心感がありますね。

正直、未経験者の場合は転職エージェントより、プログラミングスクールの方をオススメしています。

✅スキルアップにオススメのプログラミングスクール

TechAcademy [テックアカデミー]
 ※転職支援コースもあり、転職に失敗しても全額返金の保障付き
 
TECH::CAMP(テックキャンプ)
 ※愛知や大阪など全国にスクールがある為、地方住みにオススメ
 
CodeCamp(コードキャンプ)
 ※現役ITエンジニアとマンツーマンで受講できる為、急激な成長が期待できる

 

現役ITエンジニアが選ぶオススメのプログラミングスクール5選!

経験者の場合

SEやプログラマーなどのIT業界経験者の場合、転職することは比較的容易です。

その為、ただ転職するだけではなく、今以上に「給料Up」や「定時退社」などの、いわゆるホワイト企業を目指しますことになります。

先ほど「ホワイトIT企業に転職しないと意味がない」でも解説した通り、大体の見破り方はわかって頂けたと思います。

しかし、それだけで満足せず、より成功率をあげるために出来ることは全てやることが大切です。

そこで私は転職成功率を上げる方法として「転職エージェント」をオススメしてます。

転職エージェントでは転職のプロからIT業界の実情に詳しい人まで幅広い人材が揃っています。

また下記のような様々なサービスを行っているのも特徴です。
・面接対策
・履歴書対策
・非公開求人の紹介
・企業データの公開
・給料交渉をしてくれる

特に求人が少ない社内SEにとって非公開求人の紹介は非常に助かりますし、あなたのスキル・特徴に合った企業を選定してくれます。

このような数多くのサービスをしている転職エージェントですが、驚くべきことに「登録が無料」なのです。

もちろん全てのサービスが永久的に無料で利用出来ます。

正直メリットばかりなので、利用しない手はありません。

✅SEの転職にオススメの転職エージェント

IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT
 ※誰もが知っている大手企業マイナビです。大手だけあって案件も豊富。
 
未経験からの転職ならWORKPORT
 ※IT業界未経験者にオススメです。サポートも充実しています。
 
レバテックキャリア
 ※関東圏の方にオススメです。関東住まいの方は登録しておきましょう。

 

現役ITエンジニアが選ぶ!転職エージェントおすすめ6選

 

-転職の知識

Copyright© ITエンジニアの底力 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.