転職の知識

今いるIT会社を辞められない4つの理由を解説

更新日:

プログラマーやSEなどの方の中には
「今いるIT企業を辞めたい」
と思っていても、実際に辞められない方もいるのではないでしょうか。

なぜ仕事が辞められないのか、自分の心をはっきりさせ時には転職することも重要です。

IT会社を辞められない理由

仕事が残っている

プログラマーやSEはユーザから依頼されたシステムを開発するのが仕事です。

その為、システム開発の途中で「辞めたい」と思っていても、
責任感から辞める決心がつかない方も多いでしょう。

また、「今のプロジェクトが終わったら退職しよう」と考えていても、
長いプロジェクトになると、何年もかかわる可能性もあります。

終わったとしても、次のプロジェクトの依頼が次々入り、
辞めずらくなることもあるでしょう。

社会人として、責任感を持つことは大事なことですが、
あなたが一番大切にするべきなのは自分自身なのです。

「自分が辞めたら今の会社はどうなるんだろう」と考えてしまう

これはパターンとしては二つ考えられます。

まず一つ目は会社が人手不足な場合です。
こんな時は「私が辞めたら会社が回らない」と考えてしまい、
辞めづらくなってしまいます。

IT会社は人手不足の会社が多いので、十分上記のような状況はありえるでしょう。

そして二つ目はユーザのシステムに関して非常に詳しくなっている場合です。
これはどういうことかと言うと、自分が辞めると、あるシステムに関して分かる人がいなくなる
と言うことです。

私の会社でも特定のユーザに対しては、
いつも同じ人が対応しているという状態になっている場合がありました。

そのような状況になってしまうと、システムを理解している人物が自分しかおらず、
「辞めたら会社はどうするんだろう」と責任感を感じてしまうのです。

ここでは
・人手不足
・システムを知っているのが自分だけ
の2パターンを紹介しました。

しかし、どちらのパターンにも言えることですが、
あなたの代わりなどいくらでもいます。

あなたがいるから頼るのであって、
いなくなってしまえば、なんとかなるものです。

どうしても不安でしたら、次の人材をしっかり育ててから辞めるとスッキリするでしょう。

上司が辞めさせてくれない・怖くて言えない

「上司に行っても辞めさせてくれない!」という方もいるのではないでしょうか。

特にプログラマーは人手不足の会社も多いですから、上司としても辞めてもらいたくはないはずです。
特にプロジェクト途中のだった場合、なんとか引き留めようとするでしょう。

しかし、そもそも上司には退職を拒否する権利はありません。
ですので、辞めたい時ははっきり堂々と、伝えるべきです。
悪いことをしている訳ではないのですから。

また怖くて言えない場合などは、誰かについてきてもらうのも手です。
同僚などには話しやすいでしょうから、一緒に言ってもらいましょう。

すぐ怒鳴る上司でも1人でこられるより、複数で来られた方が強めに言いにくいはずです。

別のIT企業に転職できるか不安

今いるIT企業を辞めても転職できるか不安なパターンです。

確かに会社を辞めたからといって、
次の転職先が決まるとは限りません。

しかし、辞めなければ今のままズルズルといってしまいます。

正直心配しなくても、IT会社での経験があれば、転職はできるはずです。

それでも心配であれば転職エージェントを使えばある程度不安は解消されるでしょう。

最後に

いかがだったでしょうか。

IT会社を辞められない4つの理由でした。

会社を辞める方は「転職したい!」という理由が大きいと思います。
その転職を成功させる確率を少しでもあげる為に、様々なことに挑戦することが大事です。

私はその中の1つとして、転職エージェントをオススメしています。

転職エージェントでは、企業側と年収の相談をプロが変わりに行ってくれます。
また企業の内情などにも詳しく、通常では知りえない情報も得ることが可能ですし、
あなたに合った求人を探してくれます。

登録は無料ですので、1度体験として皆さんやってみるべきだと思っています。
選択肢は少しでも多い方が良いので上手く活用していきましょう。

ITに強い転職エージェントとは?仕組みと登録後の流れを解説

プログラマー必見!IT業界に強い転職エージェントのメリット・デメリット

[IT企業に強い!]転職エージェントおすすめ6選

-転職の知識
-

Copyright© ITエンジニアの底力 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.