エンジニアの疑問

プログラマー35歳定年説って本当なの?体験談から考えてみた

更新日:

ITエンジニアであれば、必ず1度は耳にしたであろう「プログラマー35歳定年説

なぜ、このようながIT業界で広まっているのでしょうか。

プログラマーは35歳が定年だと言われている理由と
実際はどうなのかを私の体験談や知り合いのITエンジニアに意見を聞いて結果をまとめました。

プログラマーの定年が35歳と言われている理由

学習能力の低下

脳の機能が年齢と共に、低下していって新しい技術を取り込めなくなると言ったものです。

ITの世界は進化のスピードが非常に早く、
様々な技術を取り込み自身のスキルアップが必要になってきます。

その取り込むスピードが、35歳を境に減退してきて、
周りの若い方々についていけなくなるそうです。

体力の低下

IT業界は残業が多いことでも有名です。
結局は企業によりますが・・・。
プログラマーの残業時間って実際多いの?真実を伝えます!

忙しい方では月100時間の残業も普通にあるそうです。
その為、意外と体力を使う仕事なのはあまり知られていません。

当然、若い人の方が体力面では優れており、35歳を超えるとグッと落ちてきます。

年齢を重ねるにつれて残業に耐えられなくなり、「仕事についていけなくなる」なんてことを言われています。

単価の上昇

プロジェクトマネージャーなどの管理職はシステムを作る際の人件費をなるべく抑えようと考えます。

その為、年齢の高いプログラマーは極力グループに入れずに、
若くて人件費の安い人材を採用するのです。

これが「プログラマー35歳定年説」が広まった1番大きな理由なのではないでしょうか。

「プログラマー35歳定年説」は間違っている!

私は35歳定年説を「間違っている!」とはっきり言えます。

なぜ断言できるのでしょうか。
私の体験談から解説します。

学習能力は低下するのか

実際のところ、35歳でそこまで学習能力が落ちるとは思えません。

私の直属の上司は40代なのですが、
20代の私より物覚えがいいような気がします。
私がダメなのかもしれませんが(笑)

何が言いたいのかというと、結局は「人による」と。

私は30代・40代・50代でバリバリ活躍しているプログラマーを見ています。
そんな方々に共通しているのは、向上心です。

古い知識に拘らず新しい技術を取り込もうとする姿勢が強いほど、
長期間第一線に立つことが可能です。

体力は低下するのか

これに関しては、年齢を重ねる毎に体力が低下していくことを認めます・。
残業の多いIT企業の場合、集中力がだんだん続かなくなるでしょう。

ただし、体力の低下については他の職種でも同じことですよね。

そのような場合でも、今までの経験で得た知識がありますから、生産性は大きく落ちるなんてことはないのではないでしょうか。

単価の上昇はどうなの?

確かに単価の上昇によってプログラマーのままでいるのは厳しい状況になってくるでしょう

しかし「プログラマー35歳定年説」は単価が高くなったから厳しいのであって、
体力的・技術的に付いていけなくなるからではありません。

どうしてもエンジニアとして続けたいのであれば、
単価上昇を抑えると言う方法もありますが、給料が上がらないので、モチベーションは上がりません。

管理職へのステップアップ

単純に35歳から、キャリアアップが始まる時期だと言えます。

PLやPMなどの管理職になると、プロジェクトの統括が主な仕事となるので、
エンジニアとして参加することは少なくなります。
プログラマーからのステップアップ、SE・PL・PMの違いを解説

その為、35歳を超えるとITエンジニアは自然と減っていくので、
あたかも35歳が限界かのように広まったのです。

年収を上げたいならキャリアアップが大事

先ほどお話ししたように、エンジニアとして年々給料が上がっていくのは稀です。

そこで大切なのは、キャリアアップです。
PG(プログラマー)→SE(システムエンジニア)→PL(プロジェクトリーダー)→PM(プロジェクトマネージャー)とステップアップしていくことで、年収を大きく上昇させることができます。

ただし、企業によってはステップアップを望めない場合があります。
例えば、客先常駐(特定派遣)しかやっていない企業などです。

派遣されるIT企業がコロコロ変わるため、重要な仕事は任せられませんし、
当然ステップアップもないほとんどないでしょう。

プログラマーの労働形態の違い!自社開発、請負、客先常駐、一般派遣

最後に

いかがだったでしょうか。

今回は「35歳定年説」を否定しましたが、プログラマーのままでは年収アップは望めません。

そのため、キャリアアップがしっかり行われるIT企業に勤めていることが大切になります。
もし昇進が望めないようなら、思い切って転職をしてみるのも手です。

その時は、少しでもホワイト企業に入社できるようにWORKPORTなどの「転職エージェント」を利用しましょう。

ITに強い転職エージェントとは?仕組みと登録後の流れを解説

プログラマー必見!IT業界に強い転職エージェントのメリット・デメリット

[IT企業に強い!]転職エージェントおすすめ6選

-エンジニアの疑問

Copyright© ITエンジニアの底力 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.