客先常駐

客先常駐ってどうなの?メリット・デメリットを解説します!

更新日:

現在のIT業界では客先常駐(特定派遣)と呼ばれる派遣が9割と言われています。

プログラマーの労働形態である「自社開発」「請負開発」などと比べても「客先常駐」の評判はあまりよくありません。

それにはれっきとした理由があります。
そこで今回は客先常駐のデメリットを解説します。

また、客先常駐ならではのメリットもあるので、
そこについても解説していきます。

客先常駐とは?

客先常駐とは簡単に言うと派遣になります。

人材が必要な他社に「お手伝いするよ~」と出向いて、
一緒にシステム開発などをする労働形態です。

自社ではなく、他社に出向いて仕事をするため、
客先常駐または特定派遣と呼ばれています。

基本的に他社に直行しそのまま直帰するため、自社に戻ることはほとんどありません。

「これって派遣じゃないの?」と感じた方もいると思いますが、そうです派遣です。

しかし、一般的な派遣は労働者と会社(自社)で派遣社員として派遣契約を結ぶのですが、
客先常駐では正社員として契約しています。

なぜ客先常駐という労働形態が生まれたのか

なぜ客先常駐という労働形態が生まれたのでしょう。

それには主に以下の二つの理由があります。

請負開発のハードルが高い

請負開発では顧客のヒアリングから設計・製造・テスト・導入と全ての行程を行わなければいけないため、
高い技術力や知識が必要です。

また金銭面の問題もあります。
通常、請負開発は納品時に報酬が支払われます。

その為、システム開発を依頼され、作業している間は報酬はありません。
その無報酬の期間を賄えるだけの費用が会社には必要なのですが、
そこまでお金がないIT企業も多いのです。

雇用のリスク

客先は顧客からシステム開発を請け負った時に一時的に人手が必要になります。

この時に客先が正社員で雇用を行った場合、一時的には人手不足が解消するのですが、
案件が終わった時、人余りが発生します。

人が余っている状態でも、
その人には給料を払い続けなければいけないため、会社としては損失です。

このように簡単に雇用し、
正社員を増やすと上記のようなリスクが降りかかってくるのです。

そのようなリスクを無くすために、
外部から人手を補充する客先常駐が増えるのです。

客先常駐(特定派遣)のメリット

入社しやすい

現在IT業界は人手不足と言われています。

世の中ではIT技術が日々進歩しており、それにともなって、
人材が必要になるからです。

その中でも特に客先常駐を中心としているIT企業は入社しやすいと言われています。

客先常駐では他社へ派遣を行い儲けをだすため、
スキルが低い方でも他社と契約をし送り出してしまえば、ある程度の儲けがだせるからです。

要はリスクが低いのです。

もし、請負開発や自社開発の場合、
スキルが低いかったら戦力になりません。

客先常駐は未経験者でも入社しやすいため、
業界の知識と技術力を学ぶための足掛かりとしてはよいかもしれません。

大企業で仕事ができる可能性がある

通常大企業で働くには、厳しい筆記試験と面接があり、
高い倍率を突破しなければいけません。

一方、客先常駐では客先が大企業だということも珍しくありません。

大企業は規模が大きい分、多くの人手が必要だからです。

私も「富士通」や「楽天」などといった誰もが知っている企業で仕事をしている方を知っています。

友達などに働いている企業の名前を出すと、「ネームバリュー」から驚かれるかもしれませんよ。

色んな会社を回れる

企業は一時的に人手が足りないときに、
多くの客先常駐と契約します。

その為、忙しいプロジェクトが終わると、
契約が終わることもよくあります。

そのような時は、別の会社に行き新たに契約を結ぶことになります。

その為、様々なIT企業を見て回ることができ、
その企業の雰囲気や独自の技術に触れることができます。

結果として、自分自身の視野を広げることができるのです。

様々なシステム・アプリケーション開発に関われる

客先常駐は様々な企業を回るため、
1つのシステムに関わり続けることはありません。

現場によって、使うツール・技術が違うため、
その都度覚えて行く必要があります。

一見面倒な感じがしますが、自分のスキルの幅を広げるという意味では非常にメリットです。

同じ企業でずっと作業していると、
同じツールや技術を使いまわすことも多く、1つの分野に関する知識しかつかないこともありえます。

人脈が増える

客先常駐では様々な現場を回るため、そのたびに新しい出会いがあります。

人間関係も新鮮ですし、その人しか知りえない情報を貰える可能性もあります。

また現場ごとに友達ができたら、プライベートも充実してきますね。

責任が少ない

あくまで顧客からシステム開発されているのは、客先です。

そのため、もしミスしても責任を問われるのは客先の企業になります。

責任感なく伸び伸びと仕事ができるので、
ストレスも少ないのではないでしょうか。

現場を変えてもらえる

もし「今の現場がいや!合わない!」となった場合、
仕事先を違うIT企業に変更してもらうことも可能です。

ずっと自社で働いている場合は、
退職しか道がないかもしれません。

ヘッドハンティングされる可能性がある

様々な現場を回っているうちに実力が認められれば、
客先からヘッドハンティングされる可能性があります。

私の周りでもヘッドハンティングされた方を知っていますし、
ありえない話しではありません。

社内の雰囲気も知っていますし、仕事内容も把握しているため、
入社後もなじみやすいメリットがありますね。

客先常駐(特定派遣)のデメリット

自社意識が低くなる

基本的には客先で仕事をするため、
自社に行くことはほとんどありません。

そのため、「自分の会社はどこなんだろう」と自社意識が低くなりがちです。

当然自社社員ともあまり合わない為、
「あの人誰だろう?」と繋がりが薄い方も多いでしょう。

また自社内の情報共有もしにくいため、誰かが独自のノウハウを持っていても、
自社社員に伝わることも少ないです。

プログラマー35歳、定年説

プログラマー35歳、定年説」はよく聞く言葉ですが、
一般的には客先常駐のプログラマーを指しています。

これは年齢を重ねるにつれて、学ぶ力が低下すると言われているからです。

通常はプログラマーからPL(プロジェクトリーダー)PM(プロジェクトマネージャー)にステップアップしていき、マネジメントする側になるため、あまり心配する必要はありません。

しかし、客先常駐はPL・PMの道がほとんど開かれていないため、「プログラマー35歳、定年説」という言葉が生まれたのです。

マネジメント能力がつきにくい

現場で回される仕事は、プログラミングやテストなど、いわゆる下流行程です。
その為、マネジメント能力がつかず、自己成長ができません。

客先としても、システム開発全体に関わってくる要件定義設計などの上流工程を任せることはできないのでしょう。

仲良い人が出来ずらい

客先常駐では現場を回るため、同じ現場に長期間居続けることが少ないです。
その為、社員の方と深い関係になりずらいようです。

せっかく仲良くなっても現場が変わり「はじめまして」からスタートになることも珍しくありません。

人見知りの方は慣れるまでに時間がかかる為、より大きなデメリットと言えるでしょう。

給料が低い

客先常駐では労働時間に対して報酬が払われるため、
決まったお金しか入りません。

もし、大きな仕事をやり遂げたところで、
それは客先の手柄になるため給料が大きく上がることはありません。

またスキルによって時間あたりの報酬が多くなりますが、
プログラマーは40歳以上になると成長が著しく低下します。

その為、給料が上がりにくい状態になってしまうのです。

深い知識を習得しにくい

客先常駐はしょせんお手伝いです。

その為、一から全てのシステムを開発することは少なく、
ある程度出来上がった状態で渡されることもよくあります。

要は最後の手直しや修正などですね。

全てを任されると、プログラマーは大きく成長するのですが、
それがないため、深い知識を得られないのです。

休日出勤がある企業が多い

客先常駐では自社に出社することが少ないです。

その為、自社意識を持たせることや社員同士で情報共有することが目的で、
休日出勤がある企業も珍しくありません。

ありがちなのが土曜日出勤で、月に1~2回、出勤する企業もあります。

求人で「完全週休二日制」ではなく「週休二日制」と記載してある企業は
休日出勤があると言うことです。

結局、客先常駐は良いのか、悪いのか

今回、客先常駐のメリット・デメリットそれぞれ紹介しましたが、
結局はどうなのでしょうか。

私の意見としては、客先常駐を中心としているIT企業はおすすめしません。

メリットより、デメリットの方が目立つからです。

給料が低いことや、マネジメント能力が伸びないことがデメリットとして非常に大きいものになります。

年齢を重ねる毎に企業はマネジメント能力の成長を期待しています。
若いうちはよいですが、将来居場所がなくなったら悲しいですよね。

ホワイトIT企業を目指すのであれば「請負開発」や「自社開発」をしている企業を狙うのがよいでしょう。

ホワイトIT企業を目指すなら自社開発をしている会社にするべき理由

とはいえ、ホワイトIT企業は離職率の少ないため、狭き門になります。
その為、転職の計画をしっかりと立てるのがよいでしょう。
特に未経験者の場合はなおさらです。

しかし、自分で計画を立てようとしても中々難しいものがあります。
そんな時は転職エージェントがおすすめです。

転職エージェントではあなたの特性に合った求人を担当が探してくれます。

また企業との年収の交渉や履歴書対策・面接対策などを手伝ってくれます。
しかも、無料で全てのサービスが受けられるため、利用しない手はありません。

転職エージェントの情報を頭に入れておいて損はありませんので、
詳しくはこちらをご覧ください。

プログラマー必見!IT業界に強い転職エージェントのメリット・デメリット

[IT企業に強い!]転職エージェントおすすめ6選

-客先常駐
-,

Copyright© ITエンジニアの底力 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.