プログラマーへの疑問

[IT]プロジェクト(PJ)とは?わかりやすく解説します。

投稿日:

プログラマーやSEとして働いていると、
たびたび「プロジェクト」という言葉を聞くと思います。

しかし、実際「プロジェクト」と言われても、IT関係者ではない方はわからないかもしれません。

そこで今回は「プロジェクト」の意味についてわかりやすく解説します。

プロジェクトとは

プロジェクトとは、ある目的を達成するための計画と実施です。

ある目的とはどういうものかと言うと、ITのプロジェクトですので、
通常はシステム開発やアプリケーション開発になります。

計画とは、ある目的を達成するためには、「どうしたら達成できるのか」
予定を立てていくものです。

実施に関しては、立てた計画に沿って遂行していくことになります。

これを踏まえると、プロジェクトは
・目的
・計画
・実施
に分かれます。

電卓を例にしてみましょう。
まずユーザから電卓の開発を依頼されます。(目的)
この時ユーザの目的や使用環境などをざっくりまとめたものを要件定義書と言います。

目的が決定すると、SEは電卓の開発にどういったものが必要か考える必要があります。

何人人手がいるのか、データベースは何が必要なのかなどを決めていきます。(計画)

またプログラムの書き方(ロジック)やデータベースからどのようにデータを取得するかなど、
開発の詳しい方法まで決めていきます。(計画)

この時の計画が記載された資料を基本設計書詳細設計書と呼びます。

その計画にそって、プログラマーは製造(プログラミング)していきます。(実施)
製造が終わったら、最後にテストを行い電卓の開発は完了です。

この一連の流れをひとまとめにプロジェクトと呼んでいます。

会話でのプロジェクトの使い方

プロジェクトがどういったものか、
イメージを掴むためにIT関係者の会話の中でどのように使われているか例にしてみました。

例1

Aさん「次のプロジェクトはどういったもの?」
Bさん「電卓のシステム開発になります。」

例2

Aさん「Bさんがやっているプロジェクトって最近どうなの?」
Bさん「納期が近くて、かなり忙しいプロジェクトですね。」
Bさん「特にJAVA言語はやったことがないので、自分には難しいプロジェクトです。」

プロジェクトはプロジェクトリーダー(PL)によって管理されている

プロジェクトリーダー(PL)はプロジェクトの全体的な管理を行います。

プログラマーとSEは実際に設計やプログラミングの開発を行いますが、
PLはスケジュール管理や品質管理をします。

詳しいことはこちらの記事に乗っていますので、ご覧ください。
プログラマーからのステップアップ、SE・PL・PMの違いを解説

まとめ

いかがだったでしょうか。

まとめると、
プロジェクトとは「アプリケーションやシステムを開発する為の計画と実施」になります。

-プログラマーへの疑問
-

Copyright© ITエンジニアの底力 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.