仕事内容

プログラマー(PG)とシステムエンジニア(SE)の違いとは?わかりやすく解説

更新日:

下記について、知りたい方向け

プログラマーとSEの仕事内容の違い
プログラマーとSEの年収の違い
プログラマーとSEはどちらの方がいいのか

この記事を読むと、プログラマー(PG)とシステムエンジニア(SE)の違いについて理解できますので、是非ご覧ください。

プログラマー(PG)とシステムエンジニア(SE)の違い

プログラマー(PG)とシステムエンジニア(SE)の違いは、主に下記のような部分にあります。

・仕事内容
・給料・年収

それでは見ていきましょう。

システムエンジニア(SE)の仕事内容

システムエンジニア(SE)はソフトやアプリなどの、システム設計をするのが仕事です。

要は、「システムを開発するには、こうやったらいいよね~」というのを、資料にまとめるイメージです。

通常、システム開発を行う時、
「要件定義」⇒「設計」⇒「実装」⇒「テスト」⇒「導入」
といった流れで行います。

この中で、「要件定義」と「設計」を担うのがSEです。

要件定義

要件定義とは、ユーザからの要望をヒアリングしていくことです。
電卓システムを例にしてみましょう。

「電卓システムが欲しい!」と依頼された時に、SEは「どのような機能が必要か」をヒアリングします。

機能として、「足し算・引き算・割り算の機能が欲しい!」と要求してきた場合、「今のDBで出来るのか」「本当にその機能でいいのか」を考え、ユーザと相談していきます。

また、ユーザが要望する機能に漏れがないかも考えなくてはいけません。

通常の電卓には足し算・引き算・割り算だけじゃなく、掛け算の機能も付いてますよね。
その為、「掛け算の機能はいらないのでしょうか?」とユーザに確認することも大切なのです。

もし、実装を行った後などに、「やっぱり掛け算の機能いる!」とユーザが仕様変更をした場合、大幅なやり直しが発生し、時間のロスが出てしまいます。

そうならない為にも、要件を最初の段階で詰めておくことが、重要になるのです。

設計

設計とは、要件定義を元に「どのように開発したら、実現可能か」を資料にまとめていきます。

要件定義では、ユーザの要望をまとめているだけで、「どのようにプログラムしていくか」などの開発するまでの手段が書いてありません。

その為、実際に実装する人が「こうやってプログラムしていいのか!」と、わかるように資料に記載していくのです。

プログラマー(PG)の仕事内容

プログラマー(PG)は、実際にプログラム(実装)を作っていき、システムを形にしていくのが仕事です。

主な仕事は「実装」と「テスト」になります。

実装(プログラミング)

プログラマーはシステムエンジニア(SE)が作成した設計書を元に、実装(プログラミング)を行います。

設計書には、システム開発に必要な最低限の内容しか、記載されていない為、効率の良いコーディングが出来るかは、プログラマーの腕次第です。

プログラマーによって、目的に至るまでに使う手段は様々で、結果は同じでも動作速度が遅いなどの異なる部分が出てきます。

また、実装に使うプログラミング言語も多種多様で、「Windows系のC#」や「Web系のPHP」など、目的によって使い分けます。

プログラマーには、得意とする言語があり、それによって関わっているプロジェクトの得意・不得意が謙虚に見えてしまうのです。

テスト

実装によって形にしたシステムに、不具合(バグ)がないかチェックする仕事になります。

電卓を例にすると、
「正しく足し算が行われているか」
「Cボタンを押すと、初期値に戻るか」
など、ユーザが操作しえる、あらゆる可能性を考えてテストしていきます。

大抵のプログラムにはバグが存在する為、テスト専門のテスターと呼ばれる人もいるぐらいです。

システムエンジニア(SE)の年収

SEの年収について、厚生労働省が発表したデータを表にまとめました。

年収 月収 ボーナス
2017 550万8000円 37万5300円 100万4400円
2016 547万700円 37万800円 102万1100円
2015 592万3300円 40万600円 111万6100円
2014 541万8800円 37万5000円 91万8800円
2013 597万9000円 40万5500円 111万3000円

システムエンジニア(SE)は通常の職種と比べても、かなり年収が高いと言えるでしょう。

過去のデータを見ても、コンスタントに500万円を超えています。

世の中のIT化に伴って、今後も需要が増え続けることが予想されるため、年収が減少することはないでしょう。

プログラマー(PG)の年収

PGの年収についても、厚生労働省が発表しているデータを元にまとめました。

年収 月収 ボーナス
2017 416万900円 29万6800円 59万9300円
2016 414万5800円 29万8700円 56万1400円
2015 408万3500円 29万9100円 49万4300円
2014 425万5900円 30万7600円 56万4700円
2013 436万900円 30万7400円 67万2100円

表を見ると、2017年の平均年収は416万900円と、SEの平均年収と比べ、141万100円もの差があります。

データから見ても分かる通り、プログラマーとして仕事を続けていても、SEの年収を上回る可能性は低いです。

とはいえ、プログラマーとしてスキルを磨いていくと、SEの年収を上回る場合も、少なからずあると言えるでしょう。

結局、プログラマー(PG)とシステムエンジニア(SE)はどっちがいいの?

結論から言うと、「人による」としか言えません。

それぞれの仕事内容が違うことから、決定的に決めつけることは出来ません。
とはいえ、ある程度傾向として見ることは可能です。

プログラマー(PG)に向いてる人の特徴

プログラミングをバリバリやりたい人

実際にプログラムをコーディングして、形にしていくことに喜びを感じている人は、プログラマーに向いています。

モノを直接、生み出すのがプログラマーの為、まさに職人とも言えるでしょう。

自分が開発したシステムをユーザに使ってもらえるのは、最高の喜びとも言えます。

黙々と作業が出来る人

「プログラマー(PG)」と聞くと一見難しそうな仕事をしていますが、地味な作業も多いです。

バグの修正や、同じようなロジックのコーティングなど、何も考えず黙々と作業を行わなければいけない場面もあります。

そのような時でも、投げ出すことなく、正確に仕事をすることが求められるのです。

新技術を取り入れられる人

IT業界は技術の移り変わりが、激しい業界と言われています。
そんな中で、新技術を取り入れられるスキルが必要になるのです。

新技術の取得を「勉強」としている人には、向いていないかもしれませんが、反対に「楽しみ」としている人には向いているのは間違いないでしょう。

実際、色んな技術を使って、プログラミングを行った方が飽きずに続けられますよ。

システムエンジニア(SE)に向いてる人の特徴

モノを作るより、仕組みを考えたい人

プログラマーはシステムを実際に作るのが仕事です。

反対に、システムエンジニア(SE)は、「どうやったらシステムを作れるか」を考えるのが仕事になります。

その為、仕組みを考え、伝えることが出来る、論理的能力説明力が求められるでしょう。

物事の理解が得意な人

システムエンジニア(SE)はユーザの要望を理解して、システム開発するのが仕事です。

会話や文章から、ユーザの意図を読み取り、「どのようなシステムを開発して欲しいのか」を正確に理解する必要があります。

これが上手くいかないと、要望と異なるシステムが出来てしまいます。
結果として、実装した後に戻りが発生し、工数が超過してしまう危険性があるのです。

説明力がある人

システムエンジニア(SE)には、何かと説明する場面があります。

例えば、ユーザにシステムの使い方を説明する場面などです。

これが上手くいかないと、ユーザに不信感を与え、システムに対する不安を与えてしまいます。

最悪の場合、今後の取引がなくなってしまうかもしれません。

また、プログラマーに設計内容を説明する場合もあります。

プログラマーとの意思疎通が上手くいかないと、実装にも時間がかかりますし、間違った機能を追加してしまうかもしれません。

そうなると、戻りが発生してしまい工数が超過してしまうのです。

オススメはシステムエンジニア(SE)

私が個人的にオススメしているのは、システムエンジニア(SE)です。

というのも、SEはプログラマーのステップアップ先だから。
単純に出世という訳です。

SEになると、年収も上がりますし、スキルアップも望めます。
要件定義や設計などの上流工程のスキルは、IT業界での市場価値も高い為、転職も容易になるでしょう。

また、PL(プロジェクトリーダー)や、PM(プロジェクトマネージャー)などは、SEを経験してないと、ステップアップ出来ないはずです。

その為、「プログラマーのままで良い!」という人は、出世の道を閉ざしていると言えるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

最後に簡単にまとめてみます。

システムエンジニア(SE):要件定義・設計を担当
プログラマー(PG):実装・テストを担当

上記の通り。

それでは今回は、ここらへんで終わりとします。
ありがとうございました。

-仕事内容
-,

Copyright© ITエンジニアの底力 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.