未分類

システム運用・保守とは?仕事内容と違いを解説

更新日:

IT企業と言えばプログラマーやSE(システムエンジニア)のイメージが強いですが、システム運用や保守の仕事も大切です。

しかし、
システム運用ってなにするの?
システム保守ってシステム運用と何が違うの?
と言った疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はシステム運用・保守の仕事内容と違いを解説します。

✅IT系の転職にオススメの転職サイト

IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT
 ※誰もが知っている大手企業マイナビです。大手だけあって案件も豊富。
 
未経験からの転職ならWORKPORT
 ※IT業界未経験者にオススメです。サポートも充実しています。
 
レバテックキャリア
 ※関東圏の方にオススメです。関東住まいの方は登録しておきましょう。

 

システム運用・保守の立ち位置

まずはシステム運用・保守とは、システムを取り扱う仕事の中で、どのような立ち位置になるのか見ていきましょう。

システムを取り扱う業務は大きく分けて、システム開発とシステム運用・保守の2つに分けられます。

IT企業と言えばお馴染であるプログラマーやSE(システムエンジニア)はシステム開発に分けられます。

当然システム開発の中でも、PLやPMなどさらに細かく分かれていますが、ここでは割愛します。

そしてもう一つが、システム運用・保守です。

プログラマーやSEなどによって開発されたシステムが正常に動いているのか、監視するのがシステム運用・保守の役割になります。

それでは、システム運用・保守についてざっくりわかったところで、詳しい仕事内容を見ていきましょう。

システム運用とシステム保守の違い

ここで簡単に解説すると、システムが正常な稼働をしているか監視するのが運用でシステムのメンテナンスやアップデート・導入を行う仕事が保守になります。

それではそれぞれの具体的な仕事内容についてご覧ください

システム運用

システムのON、OFF

システムを決まった時間に起動、またはシャットダウンします。

ただし、24時間稼働させているシステムの場合はこの業務は行いません。

システムの稼動監視

システムが正常に動いているか監視を行います。
具体的には、ログ(履歴)を確認したり、メモリが正しく使われているかなどをチェックします。

システム障害などの異常があった場合、担当者に報告して記録に残します。

データのバックアップ

異常が発生して、データが消えてしまった時などの為に、
一早く復旧できるよう、定期的にデータのバックアップを行います。

運用手順書の作成

運用方法はシステムによって違いがあり、それぞれ手順が異なります。

その為、現在の運用方法を誰でも行えるように、手順書にまとめる作業です。

また現在の運用方法より、効率が良いものが発見されると、業務の改善を行い、手順書の作り直しを行います。

セキュリティの監視

ウイルスなどによる外部からの攻撃や情報流出が起こっていないか、監視を行います。

もし外部からの攻撃などがあった場合は、担当者に報告をします。

システム保守

システムのアップデート

現在のシステムに変更や修正が必要な場合、
システムのアップデートを行います。

不具合の原因究明

システム運用者からシステムの不具合の報告があった場合、
原因の究明を行います。

システムの復旧作業

システム異常やダウンが起こった場合に、
復旧作業を行います。

新しいプログラムやシステムの導入

新しいプログラムやシステムの導入作業を行います。

企業によっては境界線がない

システムの運用と保守の違いはわかって頂けたと思います。

しかし、企業によっては運用と保守に区別をつけていないケースもあります。

普段はシステムの運用・監視作業を行い、システム障害などの異常が発生した場合、修復するなど保守作業に回ることもあるようです。

なお、一般的には運用を経験した後、保守の方へステップアップする仕組みになっており、分けられているケースの方が多いようです。

最後に

いかがだったでしょうか。
今回はシステム運用と保守の仕事内容と違いを解説しました。

どちらもなくてはならない仕事なので、しっかり覚えておきましょう。

特にIT企業への転職を目指している方にとっては、
一般常識ですので知らないと恥をかいてしまいますよ。

✅IT系の転職にオススメの転職サイト

IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT
 ※誰もが知っている大手企業マイナビです。大手だけあって案件も豊富。
 
未経験からの転職ならWORKPORT
 ※IT業界未経験者にオススメです。サポートも充実しています。
 
レバテックキャリア
 ※関東圏の方にオススメです。関東住まいの方は登録しておきましょう。

 

現役ITエンジニアが選ぶ!転職エージェントおすすめ6選

-未分類
-,

Copyright© ITエンジニアの底力 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.