転職の知識

SEへの転職はスキルがなくても可能な理由[効率の良い転職方法も解説]

投稿日:

「SE」「プログラマー」と聞くと、皆さん「難しそう」「高いスキルが必要」などのイメージを持たれている方が多いと思います。

確かにSEには高度なスキルを使って仕事をしなければならない場合も少なくありません。
では「SEへの転職にはスキルが必要なのか」と言われると、必ずしもそうではないと言えます

結論を言ってしまうと、スキルなしでも転職できます。
SEとしての技術力は仕事中に身につければよいのです。

SEへの転職はスキルがなくても可能な理由

IT業界は人手不足

IT業界は人手不足な業界として、有名です。
皆さんも周りでも様々なものがIT化していってるのは感じていると思います。

ネットショッピングや業務システムなど、効率化・販売戦略のために多くの需要が生まれています。
需要が増えるということはすなわち、人手が必要ということに繋がります。

ITエンジニアの人手不足に関して、経済産業省が調査した結果によると、2015年の時点では約17万人のエンジニアが不足していると推計されています。

また、これからも需要は増していくことが予想されます。
さらに日本は現在、人口が減少している為、需要と供給のバランスが釣り合っていません。

その為、企業はITエンジニアになりえる人材を求めているのです。

スキルは仕事をしながら学べばよい

SEはスキルが必要な仕事とはいえ、転職の際に必ずしもスキルを必要とされている訳ではありません。

もちろん最初からスキルがある方が有利にはなるのですが、
基本的に仕事をやっていくと、スキルはついてきます。

実際に私が見てきた感覚だと、スキルより自頭の良さや面接のフィーリングなどを重視して採用している会社が多いようです。

スキルより人柄重視だから

どの業種にも言えることかもしれませんが、スキルより人柄を重視する会社の方が多いです。

採用担当も結局人ですから、スキルがあっても、きちんと返答できない方より、スキルはないがハキハキ返答できる志望者を選ぶでしょう。

またSE・プログラマーはコミュニケーションを必要としない仕事のように思われがちですが、実際はそうではありません。
顧客の要望をヒアリングし伝えたいことを読み解いたり、調査結果を説明したりなど、コミュニケーション能力が重要になります。
その為、コミュニケーション能力が高い人は企業としても、最高の人材になるのです。

若さ重視

20代の場合、スキルがなくても受け入れてくれる会社は数多くあります。

SE・プログラマーは若いほど早いスキルアップが望めます。

その為、企業としては「仕事をして育てればすぐに戦力になるだろう」と考えているのです。

会社によってはスキルが求められる場合もある

ここまで、スキルがなくてもSEになれることをお話ししましたが、会社によってはスキルが必要なこともあります。

例えば、大手企業が該当します。
大手は求職者も大量に応募してくるため、わざわざスキルのない人材をとる必要もありません。
ただし、専門性の高い業界知識があったり、コニュニケーション能力が高いと判断されると、スキルがなくても採用される可能性は十分にあるでしょう。

また、中小企業のなかにも経験者しかとらない企業もあります。
中小企業には人材を一から育てる資金がないこともあるため、経験者しか採用しないといったことも多いようです。

スキルがない人がSEになるには

正直、自分でハローワークに応募していっても、就職は可能でしょう。

ただ、より簡単にSEになりたい人はこれから紹介する方法も参考にしてみてください。

プロの力を借りる

ここで言うプロというのは、転職エージェントのことです。

転職エージェントではあなたにあった求人をプロが選別して紹介してくれます。
その為、あなたの能力を分析し、適切な企業を紹介してくれるという訳ですね。

また、企業ごとの面接対策や年収交渉など様々なサービスを全て無料で行ってくれます。

無料なのには理由があり、簡単に言うと、
採用した企業側からお金が支払われるからです。

その為、就活者はお金を気にせず転職エージェントのサービスを受けることが出来ます。

✅IT系の転職にオススメの転職サイト

IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT
 ※誰もが知っている大手企業マイナビです。大手だけあって案件も豊富。
 
未経験からの転職ならWORKPORT
 ※IT業界未経験者にオススメです。サポートも充実しています。
 
レバテックキャリア
 ※関東圏の方にオススメです。関東住まいの方は登録しておきましょう。

 

現役ITエンジニアが選ぶ!転職エージェントおすすめ6選

短期間でスキルをつけるのも手

短期間でスキルをつけるには、プログラミングスクールを利用するのが最速でしょう。

やはり、独学で勉強するより実際のエンジニアに教えてもらった方が間違いなく覚えるスピードは速いです。
さらにエンジニアに設計書の記載方法や要件定義のことなど、書籍からでは中々学ぶのが難しいことも教えてもらえます。

またスクールには無料のものや、卒業後に就職を支援してくれるサービスつきのものまであるので、一度学んでしまえば就職はかなり有利になるでしょう。

現役ITエンジニアが選ぶオススメのプログラミングスクール5選!

-転職の知識

Copyright© ITエンジニアの底力 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.