転職の知識

SEの志望動機の書き方!書く前のポイントと例文も紹介

投稿日:


皆さんの中にはSEへの転職を目指している方もいると思います。

そんな中悩みの種となるのが「志望動機」

「どんな内容にしたらいいだろうか」と頭をフル回転して考えている方も多いでしょう。

そこで今回はSE転職で使える志望動機の書き方と例文を紹介します。

SEの志望動機を書く前に知っておくべき2つのポイント

SEの志望動機を書く前にあなたが知っておくべきポイントがあります。

✅知っておくべき2つのポイント

・SEの仕事内容
・企業が求めている人物像

上記のポイントを押さえた後に志望動機を考えるようにしましょう。

SEの仕事内容を把握しておこう

志望動機を書く前にSEが何をやる職種なのか把握しておかないと話になりません。

✅SEの仕事内容

・ユーザのヒアリング(要件定義)
・システムの大まかな設計書作成(基本設計)
・システムの細かい設計作成(詳細設計)
・各種エンジニアのスケジュール調整

上記は一般的なSEの仕事内容になります。

それでは簡単に説明しますね。

ユーザのヒアリング(要件定義)

要件定義とはユーザから作ってほしいソフトウェアやシステムの要望をヒアリングしまとめることです。

開発するシステムの機能・目的などを明確化し、どの方法で実現していくか決定します。

わかりにくいと思うので、電卓システムを例にします。
主に電卓には「足し算」「引き算」「掛け算」「割り算」の機能がありますよね。

その中で「いらない機能はないか」または「追加して欲しい機能はあるか」などをヒアリングしていくのです。

また、DBはOracleを使うのか、プログラミング言語はどれを使うのかなど、開発に必要な根本の情報をまとめていきます。

開発を行う上で最も大切な部分で、ユーザとの認識がズレてしまうと後々のスケジュールに大きく響いてしまう可能性があります。
結果として工数超過を発生させる危険性もある為、SEは慎重に要件定義を進めなけれいけません。

システムの大まかな設計書作成(基本設計)

要件定義を元に作成するのが基本設計書です。

要件定義で決定された要望をまとめ、どのようなシステムになるかを基本設計書に記載していきます。

プログラマーは基本設計書でシステムの全体像を把握し、後に出てくる詳細設計書で細かいプログラミングをやっていくことになります。

システムの細かい設計書作成(詳細設計書)

基本設計書で書ききれなかった細かい部分を補足していくのが詳細設計書になります。

基本設計ではシステムの全体像を把握することはできるのですが、「どのようなロジック(やり方)でプログラミングしていくか」が記載されていません。

その為、基本的にプログラマーは詳細設計書を見て、それの通り進めていくことになります。

各エンジニアのスケジュール調整

エンジニアのスケジュールを決めていくのもSEの役目です。

プログラマーやテスターなどのエンジニアは個々によって能力が違います。
その為、全員に同じ量の仕事を任せてもスケジューリングは上手くいきませんよね。

それぞれのエンジニアが出来る仕事量に合わせて上手く仕事を配分していく必要があります。

また、納期に間に合わせるために「どのくらいの人手が必要か」を考え、上司に伝えるのも仕事に含まれています。

求めている人物像を把握しておこう

SE転職で知っておかなければいけない一つのポイントとして「どのような人材を企業は求めているかです」

✅求めている人物像

・コミュニケーション能力が高い人
・マネジメント能力が高い人
・新技術に対する吸収力がある人
・物事を論理的に考えられる人

上記の通り。

それでは見ていきましょう。

コミュニケーション能力が高い人

コミュニケーション能力が高い人は企業の求めるSEに向いています。

SEは一見パソコンを触っているだけで、人との会話がない職種のように思われていますが、実は高いコミュニケーション能力が要求される仕事です。

通常、SEはシステム開発を行う際、ユーザから「どのようなシステムを求めているか」をヒアリングして要件を固めていきます。

この時、コミュニケーション能力が低いとユーザの要望を正しく引き出せず、求めているものと全く違う設計をしてしまうこともあるのです。

設計の間違いにすぐ気が付いたらよいのですが、もしプログラミング(製造)を終えてしまったタイミングだった場合、大幅な戻りが発生します。
結果として工数が超過し炎上案件になってしまうのです。

ここまで見た方は気づいていると思いますが、SEのコミュニケーション能力とは相手の要望を的確にくみ取り、プログラマーに伝える力になります。
決して相手を笑わせることではないので気を付けましょう。

マネジメント能力が高い人

SEにはプログラマーやテスターをどのように使うか考えるマネジメント能力が必要です。

SEにはあるシステムをどのくらいの工数で完了させれるかを考えるのも仕事の一つになります。

これが下手な人は、本来は3カ月必要な開発に対して2カ月でしか工数を取らず、炎上案件になってしまうことも・・。

反対に3カ月必要な開発に対して5カ月の工数をとってしまうと、多くの料金をユーザに請求することになり「ここの会社高いな。次から依頼するの辞めるか」と取引を切られてしまう可能性もあるのです。

またエンジニアに「どの仕事をどのくらい割り振るか」を考えるのもSEの役目になります。
エンジニアの能力に対して、適正な仕事を割り振らないと「あるエンジニアは凄く忙しく、もう一方は凄く暇」なんてこともありえるのです。

新技術に対する吸収力がある人

企業は新しいものをどんどん取り入れる「吸収力」のある人材を求めています。

IT業界は日ごろから凄いスピードで進化しており、新しい技術がどんどん生まれています。

もちろんSEも新技術を利用し、システムに組み込むことがある為、技術の吸収力が必要なのです。

吸収力がないと古い技術しか頭にないSEになり、ハードの進化についていけなくなってしまいます。
おのずと開発できるシステムも少なくなり、会社からは不要な存在になってしまうのです。

物事を論理的に考えられる人

SEの仕事には論理的能力が求められます。

要は、システム開発をするときに完成形にどうやったら近づくことが出来るかの道筋をしっかり立てられる人ですね。

SEの中にはその道筋を立てられない人もいて、すぐに仕様変更の指示を出してくる人もいました。

結果工数が超過し赤字案件に繋がる可能性があるのです。

SEの志望動機を書く際の4つのポイント

SEの志望動機を書く際には4つのポイントを押さえて書けばいいでしょう。

・なぜその企業を選んだのか考える
・なぜSEを目指しているのか考える
・今までの努力経験を考える
・将来のビジョンを考える

上記全てを志望動機として盛り込む必要はありませんが、意識して書いていくことが重要です。

なぜその企業を選んだのか考える

「SEになりたい!」とは言っても、様々な企業が募集している中、なぜその企業に応募したのでしょうか。

他の企業と比べ、どのような差があって応募したのかを明確にしていくことが重要です。

比較的書きやすいのが、「○○業界のシステム開発シェアNo1の企業」などですね。
シェアNo1を志望動機に織り交ぜると、他の企業との差別化ができて、その企業を選んだ理由が明確になりますよね。

ここで「企業への関心」が伝わらないと、「すぐ辞めるかも・・」「他の企業に行くかも・・」と思われてしまい、非常に不利になってしまいます。

なぜSEを目指しているのかを考える

あなたがSEを目指している理由を志望動機に入れておきましょう。

志望度が高いと判断された場合、企業は「退職しなさそうだな」と考え、採用確率があがるからです。
また「SEとして働きたい!」と強く思っている人は採用後も努力を怠らず、成長していける傾向にあります。
そこを企業は見てるはずです。

SEを目指している理由は具体的内容であれば大抵のことはOKです。

ただし、「給料が高いから」や「待遇がいいから」などSEの仕事内容とは関係ない理由は避けましょう。
企業から「昇給が低かったり、待遇が悪かったら辞めるのか・・」と思われるからです。

実際、待遇が悪かったら大抵の人は辞めると思いますが、わざわざ相手に伝える必要はありません。

努力した経験を考える

自分が今までの人生の中でしてきた努力経験を書きましょう。

実際「努力が出来る」という才能はどの分野でも通じる万能の才能です。
企業としても「伸びる人材」として評価するでしょう。

実際に努力経験を書く際は、なるべく最近のものを選んだ方がいいです。
というのも今の自分に最も近いのは最近の自分だからで、内容に信憑性が増すからです。

書き方としては何かを達成する為にどのような努力をしたか具体的に伝えると良いでしょう。

特に「高機能電卓システムを開発する為に、一からC言語を勉強して開発した」など、SEの仕事に繋がるような努力経験だとベストです。

将来のビジョンを考える

将来自分がどのようなSEになりたいかを考えておきましょう。

あなたがSEとしてどのようなシステムを開発し、どのようなステップアップをし、どのような・・・と将来のビジョンをイメージしていきましょう。

なるべく具体的に考えるとベストです。

実際に将来のビジョンを企業に伝えると「将来を考えて物事を進められる人材」という良い印象を与えるでしょう。

なお、将来のビジョンは正直、優先度は低いため無理にいれる必要はありません。

SE転職の志望動機の書き方・例文

SE転職の志望動機例として、経験者・未経験によって書き方が違います。

経験者は今まで経験や実績を中心に書き、未経験者は「企業の何に興味を持ったか」「今努力していること」を中心に書いていきましょう。

未経験者の場合

私が御社を志望したのはAIやクラウドサービスなどの最先端技術を使った開発を行っているからです。

今現在、プログラミング言語の勉強をしているのですが、「これから需要が増していく言語」「廃れていく言語」があるのだと肌で感じています。

当然、事業でも同じ現象が起こるものと感じており、その中で「需要が増していく事業」というのはまさにAIとクラウドサービスだと思っております。

元々、将来性に優れた職種としてSEを選んだのですが、その中でもより技術力をもった企業で働きたいと思っております。

現在はAI技術の仕組みや開発方法についても学んでおり、勉強してきた知識が御社でも活かせるものと思い志望いたしました。

経験者の場合

前職では、業務システムの開発を中心にJavaやOracleを使ったプログラミングやテストに関わってきました。

その業務の中で、システム開発が多くの人の役に立てる仕事であることを実感し、本当にSEになってよかったと思っております。

日々の業務を続けるうちに、今以上にユーザの反応を直で感じたいと思うようになっていきましたが、現職では下流工程の仕事が多く、中々難しいものと感じております。

その中で、上流工程に関われる案件が多い御社を見つけました。

私の希望とも合致、また今までの経験が活かせるものと思い、御社を志望しました。

この記事を見ても志望動機対策は不十分

これまで、SE向けの志望動機対策を紹介してきましたが、ぶっちゃけこれだけでは不十分。

というのも、「特定の企業に向けた志望動機ではない」かつ「誰にでも使えるように書いた」回答例だからです。

この記事を元に自分の実体験やスキルと志望先企業の特徴を上手く擦り合わせ、回答できるのであれば問題はありません。

ただ、そこまで上手く出来るのであれば苦労はしないですよね。

転職に詳しい人、IT業界に詳しい知り合いに「どの企業に行きたいか」を伝えて、一緒に回答を考えて貰うのが手っ取り早いのですが、都合よく「友達にいる!」「親戚にいた!」とはならないでしょう。

ではどうすれば良いかというと、「転職エージェント」に頼むのが一番です。

転職エージェントは転職に詳しく、IT業界に詳しいプロが大勢います。

転職エージェントでは、企業ごとの対策を手伝ってくれる体勢が整っていますし、他に下記の有益なサービスを提供してくれます。

・あなたに合った求人探してくれる
・履歴書の作成を手伝ってくれる
・過去のデータ使って面接対策をしてくれる
・面接の日程調整をしてもらえる
・年収の交渉をしてもらえる

登録は無料ですので、実際に相談することをおすすめします。

ホワイトIT企業に採用される確率を少しでも上げたいのであれば、
必ず利用するべきです。

仕事はこれからの人生を決めると言っても過言ではないので、
出来る手は全部使いましょう!

✅IT系の転職にオススメの転職サイト

IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT
 ※誰もが知っている大手企業マイナビです。大手だけあって案件も豊富。
 
未経験からの転職ならWORKPORT
 ※IT業界未経験者にオススメです。サポートも充実しています。
 
レバテックキャリア
 ※関東圏の方にオススメです。関東住まいの方は登録しておきましょう。

 

現役ITエンジニアが選ぶ!転職エージェントおすすめ6選

-転職の知識

Copyright© ITエンジニアの底力 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.