転職の準備

未経験からプログラマーへの転職は可能?必要な準備と転職方法を解説

更新日:

プログラマーと聞くと、「難しそう」や「経験が大事」などのイメージをもっているのではないでしょうか。

その為、未経験からIT業界に入るには「新卒じゃないと厳しいのではないか」と考える方もいるのではないですか?

結論から言うと未経験からプログラマーになることは可能です。

そこで今回は未経験からプログラマー・SEになれるのかを解説していきます。

未経験でもプログラマーになれる!

いきなり結論を述べてしまいましたが、未経験でも問題はありません。

世間ではIT技術が日々進化しており、今までアナログだったところがデジタルになるなど、ITの幅も広がっています。
そんな中でエンジニアの需要は増しており、これからも増加傾向にあるのは間違いのない真実でしょう。

その為、TI業界は人手不足に陥っており、未経験者でもウェルカム状態になっている企業も多いのです。

またツールの進化により、システム開発も簡単になってきており、
未経験者でも参入しやすくなっているのが現状です。

ただし、採用される確率が1番高いのは20代で、
年を重ねる毎に厳しくなっていくでしょう。

特に30歳を超えるとそれなりに難しくなっていき、
35歳を超えてしまうとほとんど不可能だと思われます。

35歳以上で採用されるには、業務経験があるか、高いスキルがある場合だけなのではないでしょうか。

未経験からプログラマーになるために必要なこと

論理的能力

プログラミングには論理的能力が求められます。

日常でも感情で動かずに、
論理的な思考をもって行動する人の方が向いているでしょう。

また数学が得意な方は論理的能力が高いと思われるので、
スムーズにプログラミングを取得するかもしれません。

しかし、論理的能力が乏しい人はプログラマーになるのをやめた方がいいと言うわけではありません。

どんな方でもプログラミングを続けて行けば、いずれ出来ます!

コニュニケーション能力

「プログラマーにコニュニケーション能力は必要ない!」と思っている方は多いのではないのでしょうか。
実はそんなことはありません。

プログラマーはパソコンに向かってシステムを作り続ければいいわけではないからです。

もちろんプログラミングも行うのですが、
それよりも重要なのは、顧客の要望を正しく理解するコミュニケーション能力です。

顧客が「1+1=2」になるシステムを要求してきても、
「1+1=3」になるシステムを作ってしまったら、意味がないですからね。

実際は上の例のように簡単な要求でのミスは起こりませんが、
「顧客の要望を正しく理解していなかった」なんてことはよくあることです。

その為、顧客の要望を正しくシステムに反映させるコニュニケーション能力は非常に重要になります。

向上心の高さ

現代のIT技術は物凄いスピードで進化しています。

当然プログラマーもIT技術の進化についていかなくてはいけません。

その為、「新しい技術をどんどん取り込もう!」と言った向上心の高さが必要です。

また向上心の高さ=やる気にも繋がってくるのではないかと思っています。

相手企業に「自分がどのくらいプログラマーになりたいのか」を伝えることが出来れば
採用の確率は大幅に高まるはずです。

プログラミングの勉強はするべきか?

正直20代であれば、全くプログラミングに関する知識はなくても
就職は可能だと思います。

私が勤めている企業も、知識なしの方を採用していることもありますし、他社の場合でも耳にします。

しかし、勉強していた方が有利なのは間違いありません。
特に30代以上は知識なしで就職できるほど甘くはなく、勉強はしておくべきです。

プログラミングの学習方法

プログラミングを学ぶ手段として、以下の方法があります。
・書籍
・インターネット
・通信教育
・学校
の4つになります。

基本的にどれを選んでも、本気になればそれなりの知識を得ることはできるはずです。
しかし、効率の良い勉強方法というものは、もちろん存在します。

またお金がかかる方法もあることから、
あなたに合ったものを厳選しやり続けることが大事になってくるはずです。

詳しくはこちらの記事で解説していますので、
ご覧ください。
[初心者]プログラミングの勉強方法!おすすめを教えます

初心者におすすめのプログラミング言語

プログラミング言語は多数あり、
どれを勉強するべきなのかわかりませんよね。

そこで数あるプログラミング言語の中から、
シェア率・学びやすさ・将来性を総合的に判断して厳選いたしましたものが以下になります。

・Java
・C#
・PHP
・Python
・C
・JavaScript

これらの6つから選ぶといいでしょう。
言語の求人も多く、これからも使われていく将来性を感じられます。

ただし、C言語の場合は難易度が高く、初心者では難しく挫折してします可能性があります。

しかしC言語をマスターすると自分を大きく成長させられるでしょう。

詳しくはこちらの記事に書いてありますのでご覧ください。
[初心者向け]勉強するべきプログラミング言語ランキング!

資格は必要なのか

結論から言うと、資格はそこまで重要視されないでしょう。

しかし、あくまでも資格の難易度に対して、重要視されないというだけで有利にはなります。

その為、取得のために勉強をするのもいいのではないでしょうか。

特に以下の資格は初心者でも手が届き、面接では有利に働くので、覚えておきましょう。
・基本情報技術者試験
・応用情報技術者試験
・オラクルマスター
・Java言語プログラミング能力認定試験
・C言語プログラミング能力認定試験

資格取得を目指しながらの勉強だと、目標があるためモチベーションの維持も容易になるはずです。

詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
プログラマーへの転職に有利な資格とは?基本情報やOracleなど

効率的な転職方法と注意点

注意点:ハローワークは利用するな!

プログラマーに転職する方法として、1番最初に思いつくであろう「ハローワーク

確かにハローワークでも就職はできるのですが、
ホワイトIT企業に当たる可能性が低いのはご存じでしょうか。

理由として以下のようなものがあります。
・求人に年齢制限がない
・求人掲載が無料
・サポートが整っていない
・ITに特化した対策を打てない

このような理由があることからハローワークでは、
ブラックと呼ばれる企業が数多く存在します。

詳しい理由が知りたい方はこちらをご覧ください。
ハローワークを利用するな!プログラマーへの転職でハロワをおすすめしない理由

効率的な転職方法:転職エージェントを利用しよう

転職エージェントとは、「人材が欲しい企業」と「転職したい人」を繋げる役割をもっています。

簡単に言うと、「あなたが転職できるようにお手伝いしてあげるよー」と言うことですね。

あなたの転職を成功させる為に、以下のようなことを手伝ってくれます。

・あなたに合った求人探してくれる
・履歴書の作成を手伝ってくれる
・過去のデータ使って面接対策をしてくれる
・面接の日程調整をしてもらえる
・年収の交渉をしてもらえる
・企業の雰囲気を教えてもらえる

特に未経験者の場合はIT企業の雰囲気や、自分に合った求人を知りたいはずです。
それを教えてくれる転職エージェントは大変便利なものになります。

また転職エージェントは企業に求職者を紹介するのが仕事です。
求職者が採用されると企業から報酬が貰える仕組みのため、求職者は無料で利用できます。

また求職者の年収が高いほど、多くの報酬が貰えるので、
なるべく高い年収にしようと努力してくれます。

現役ITエンジニアが選ぶ!転職エージェントおすすめ6選

採用面接を有利に進める方法

面接で聞かれる質問を想定する

プログラマーの採用面接では、
適性をチェックするために様々な質問を行います。

コミュニケーション能力や技術力・性格などを正しく知るための質問をするのですが、
上手く答えれなければ、不採用なんてことも珍しくありません。

その為、聞かれる質問を想定して、回答を考えておくことが大事になります。

特に
・志望動機
・将来のビジョン
・企業へのメリットは?(あなたを採用するにあたって)
・今勉強していることは?
・前職を退職した理由
は聞かれる可能性が高いので、しっかりと答えられるようにしておきましょう。

プログラマーの面接で聞かれる質問と回答例を紹介!対策をしよう!

逆質問を考えておく

プログラマーの採用面接をおこなうと、最後に必ず言われる
「なにか質問はありますか?」という言葉。

色々、考えてはいるのだけど

「悪印象にならないだろうか」
「なにを質問したら好印象なんだろうか」

など迷ってしまいますよね。

そこで、企業側への逆質問はあらかじめ考えておくのが重要になります。

ホームページでは得られない質問や、自分のやる気をアピールする質問は企業の印象を良くするのには効果的です。

例えば一例として
「内定をいただいた場合、今後どのような勉強をしておけばいいでしょうか?」
などです。

これは「私は勉強するぞ!」と言ったやる気が感じられる質問ですよね。

このように自分に対して、有利になる逆質問も1つの手になります。

間違っても「質問をしない」なんてことは辞めましょう。
企業に「興味がないんだな」と思われてしまいます。

[逆質問]プログラマーの採用面接で質問しよう!好印象になる例文も紹介

最後に

いかがだったでしょう。

未経験者でも、プログラマーになれることはわかって頂けたと思います。

特に今回紹介した、勉強方法や面接対策をしていけば採用確率は格段に上がるはずです。

あなたの、転職が上手くいくことを願っていますね。

-転職の準備
-,

Copyright© ITエンジニアの底力 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.