転職の準備

IT会社における転勤のメリット5選!プログラマー・SEなど

更新日:

プログラマーやSEなどになると、
会社によっては転勤があります。

「地元から離れたくない・・」
「友達と会えなくなるのがつらい・・」
など皆さんにとってはつらいことかもしれません。

しかし、転勤にも良いことはあります。

そこで今回はIT会社における転勤のメリットを紹介します。

転勤のメリット

人間関係がリセットされる

一見、一から人間関係を構築しなければならずデメリットのように見えますが、
状況によってはメリットになりえます。

例えば、嫌いな人が現在の職場にいた場合、
転勤になると会う機会がなくなります。

結果として、人間関係は良くなる可能性があるのです。

また、転勤先に凄く仲良くなれる人がいるかもしれません。

新しい技術を学べる

プログラマー又はSEでも同じ職場に居続けることはデメリットになるかもしれません。

というのも、同じ職場では手段がいつまでも同じ可能性があるからです。
例えば、テスト方法(手段)や書式がいつまでも一緒なんてこともよくあります。

そうなると、別のテスト方法を学ぶ機会がなくなる為、自己成長が出来ません。

しかし、転勤するとその職場独自のテスト方法や書式を使うことになる為、
新しい方法を取り込むことができるのです。

また転勤先では全く別のプログラミング言語を使用しておることも珍しくなく、
その技術を学べ、人も違う為、知らないことを沢山インプットできるでしょう。

人脈が広がる

転勤をすると、新しい人達との出会いがあるため、当然人脈が広がります。

転勤がないところだと、いつまでも同じ人と仕事をするわけですから、
人脈は広がらないですよね。

またプログラマー・SEと・PLとして経験を積んだ時に
独立」を考えることもあるでしょう。

そんな時に人脈が広ければ、手助けしてくれる方も多くなるはずです。

私の知り合いで独立した人は、人集めに苦労していました。
その為、自分に付いてきてくれる人を増やしていくことも重要ですよ。

新しい土地を楽しめる

その土地ならではの、食べ物や祭り・観光地などを楽しめます。

今までと生活環境が違うので、なにもかもが新鮮でしょう。

休日が楽しくなると、仕事にも一層打ち込むことが出来、生産性が上がると言われています。

給料があがる

これは絶対とは言い切れませんが、給料が上がる可能性が高まります。

少なくとも転勤しなかった場合に比べてあがりやすいはずです。

基本給があがりやすいことはもちろん、
転勤手当や地域手当が出る可能性があるため、手取り額もおのずと増えるはずです。

特にプログラマーやSEだと、東京転勤の場合給料が大幅にあがる可能性もありえます。
東京などの都会では、IT会社不足になっているため、
システムやアプリケーション開発の報酬額が高くなっているのです。

最終的にはプログラマー・SEへの給料に反映されることになります。

転勤がしたいなら、会社選びは重要

「転職がある会社に行きたい!」
と考えている方もいるでしょう。

実現するためには、就活時の会社選びが重要です。

支店が全国にあるか、転勤実績はあるかなど自分で調べられることもあるのですが、
それでは不十分です。

そんな時は転職エージェントなどのプロに相談するのが良いでしょう。

転職エージェントではあなたの希望に沿ったIT企業を紹介してくれます。

例えばプログラマー志望の転勤あり、年収400万以上と希望した場合も
あなたの特性に合わせて、求人を選んでくれます。

面接の仕方や社風についても聞けることがあるので、やみくもに応募するよりは安心感は高いでしょう。

また年収の交渉もプロが変わりに行ってくれるため
、大幅アップも期待できます。

登録や転職相談は無料で行えるので、1度行ってみてはいかがでしょうか。

プログラマー必見!IT業界に強い転職エージェントのメリット・デメリット

[IT企業に強い!]転職エージェントおすすめ6選

IT会社における転勤のメリットは?

これまで転勤のデメリットばかり紹介しましたが、当然メリットも存在します。
詳しくはこちらの記事に書いていますので、ご覧ください。

IT会社における転勤のメリット5選!プログラマー・SEなど

-転職の準備
-

Copyright© ITエンジニアの底力 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.