エンジニアの疑問

プログラマーに数学は必要なのか?体験談から解説します

更新日:

プログラマーやSEなどのITエンジニアって理系のイメージがありますよね。

ということは数学の知識が必須なのか疑問に思いますせんか?

そこで今回はITエンジニアに数学的知識は必要なのか解説していきます。

プログラマーに数学の知識は必要なのか

結論から言うと、数学的知識はいらない場合がほとんどです。

またここで言う数学的知識というのは高校・大学の知識であって、
算数などの小学生レベルの能力は必要です。

しかし全てのプログラマーにいらないという訳ではなく、
業務内容によっては必要な場合も存在します。

数学が必要ではない場合

例えば、業務システムウェブアプリケーションなどは特殊な場合を除き数学を意識することはないはずです。

データベースを検索して値を表示する処理や、
違う画面に遷移(飛ぶ)する処理などで数学を使う必要はありません。

基本的なプログラマーは簡単な業務システムやアプリ制作の会社がほとんどですので、
数学が不得意な方でも心配はいらないはずです。

転職活動中、不安でしたら会社へ問い合わせるかホームページの「開発実績」の項目で大体予測できるので
調べてみるのも手になります。

数学が必要な場合

ゲーム開発や統計処理・AI技術などは数学の技術が必要な可能性が高いです。

ゲーム開発
3Dグラフィックを採用しているゲームの場合は、物理演算などの高度な数学的知識が必須です。

逆にスマートフォンや昔のゲームにありがちな2Dグラフィックの場合は、
そこまで数学は使わないでしょう。
数学は苦手だけど、「ゲーム開発がしたい!」という方はスマホアプリ会社に行くのがいいかもしれませんね。

統計処理
数学には「統計学」という分野があるのはご存知でしょうか。
簡単に言えばデータの集合体から規則性を導き出すための分野です。

研究機関など化学的なシステムを作る開発する場合、
データの解析が必要になることから数学が必要になります。

最低でも平均値や分散、中央値、標準偏差などの基礎統計量についての知識はあった方がいいでしょう。

また3D散布図などグラフィックな描画がある場合は幾何学の理解も必要です。

AI技術
AI技術(人工知能)はロボットや自動運転・画像認識など多くの技術が使われています。

フーリエ変換や微分積分などの高校・大学レベルの数学が必要です。

またGoogleが開発したAI「AlphaGo」などのディープラーニング技術などでも高度な数学的知識が必須になっています。

ちなみにディープラーニングとは機械学習とも言われており、
人間と同じように学び自分で進化していくAIです。

プログラマーは数学ができるの?

ここも分野によるとしか言えません。

私が所属している企業の場合、数学が得意な方はほとんど皆無といってもいいです。

それはWebアプリケーションや業務システムを専門に開発しているIT企業だからであって、
ゲーム開発や科学系を専門としている会社などは数学ができる方も多いでしょう。

ただし、あくまでもゲーム開発や科学系を開発している企業は、
全体のほんの一部だということを覚えておいてください。

論理的思考能力が高い方が有利

数学ができる方は論理的思考能力が高い方が多いように思えます。

プログラミングには数学自体を使わないことは多いですが、
論理的に物事を考える必要があります。

その為、論理的な能力が高い方がITエンジニア向きと言われています。

しかし、論理的能力が乏しい人はプログラマーになるのをやめた方がいいと言うわけではありません。

どんな方でもプログラミングを続けて行けば、いずれ出来ます。

プログラマーに向いている人の特徴とは?適正を6つの項目でチェックしよう!

最後に

いかがだったでしょうか。
必ずしも数学の知識は必要ではないことはお分かりいただけたと思います。

しかし、一部の業務に限り数学の知識は必須になっていることから、
あなたが転職するにあたり調べておかなくてはいけません。

そんな時は転職エージェントをおすすめしています。
プロが企業ごとの社内の雰囲気や業務内容を教えてくれます。

企業選びをしっかり行って、あなたに合った企業を選択してくださいね。

-エンジニアの疑問
-

Copyright© ITエンジニアの底力 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.