エンジニアの知識

プログラマーなら知っておくべき!IT業界専門用語

更新日:

プログラマーとして働くのであれば、
知っておくべきIT用語があります。

そこで今回はプログラマーやSEがよく使うIT用語を紹介していきます。

プログラマーがよく使うIT用語集

PG・SE・PL・PM

PG・SE・PL・PMはIT企業の職種を表しています。

例えばPGはプログラマーの略語、
SEはシステムエンジニアです。
プログラマーからのステップアップ、SE・PL・PMの違いを解説

またPL=プロジェクトリーダーPM=プロジェクトマネージャーになります。

それぞれの職種について詳しく知りたい方は、
こちらをご覧ください。
プログラマーからのステップアップ、SE・PL・PMの違いを解説

ウォーターフォールモデル

ウォーターフォールモデルとは、
システム開発を行う上での開発手法のことを指します。

「要件定義」→「基本設計」→「プログラミング」→「テスト」といった、
流れで開発を行っていきます。

1番メジャーな開発手法なので、ぜひ覚えておきましょう。

ビッグデータ

ビックデータとは、膨大な情報が集まったものを指します。

例えば、大手保険会社は多くの顧客データを持っていますよね?
それがビックデータです。

業務の改善や人気の商品を見つけることなどに使われています。

クラウド

クラウドとはインターネット上にデータを
保存できる機能のことを指しています。

もっとも有名なクラウドサービスとして「iPhone」で使われている「icloud」が挙げられます。

icloudはインターネット上にiPhoneデータのバックアップを保存しておくことができるので、
もしiPhoneが破損した場合でも、データを取り出すことができます。

デフォルト

デフォルトは「初期設定」または「初期値」のことを表しています。

例えば、
iPhoneは「初期設定」で「電話」の機能がついている。
それを言い換えると
iPhoneは「デフォルト」で「電話」の機能がついている。
になります。

またプログラミングにおいて、「初期値」というのは、
非常に重要な意味をもっていますので、
詳しく知りたいのであれば検索してみてください。

人月

人月は作業量を表す単位になります。

例えば、1人のプログラマーが5カ月かかってシステムを完成させたとします。
その場合は「5人月の作業」がかかったことになります。

通常は、スケジュールの組み立ての際に使われることが、多いようです。

実装

実装とはシステムやソフトウェアを開発するために、
機能を追加していく作業になります。

コーディング

コーティングとは実際にコードを書いていく作業のことを指しています。

わかりやすい言葉で言うとプログラミングです。

デバック

手動で行うテストのことを指しています。

1つ1つ機能を確認しながら、バグを解消していく作業になります。

エビデンス

エビデンスとは証拠という意味になります。

システムのテストを行う際に、
しっかりテストをしたか証明するため、画面のキャプチャ画像を撮ることがよくあります。

この作業を「エビデンスを撮る」と言います。

セキュリティホール

ソフトウェア上のセキュリティの欠陥を
セキュリティホールと言います。

特定の操作を行うと不正にコンピュータをにアクセスできたり、
個人情報を盗まれてしまったりした場合は、セキュリティホールが原因である可能性が高いとも言えます。

最後に

いかがだったでしょうか。
今回はプログラマーによく使われるIT用語集を紹介しました。

上記で紹介したIT用語集は本当によく使われるので、ぜひ覚えておきましょう。

-エンジニアの知識
-,

Copyright© ITエンジニアの底力 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.