面接

[プログラマー]面接の前に知っておくべき7つの採用基準

更新日:

プログラマーへの転職を考えたとき、避けて通ることのできない採用面接
しかし、採用面接って凄い不安ですよね。

「なにを聞かれるんだろう」
「なにをしゃべればいいのだろう」
と色々考えてしまいます。

そんな時、採用面接に向けて準備をしておくと安心しますし、
内定率を格段に上げることができます。

そこで今回は「プログラマーの採用面接で見られている7つのポイント」について詳しく解説していきます。

プログラマーの面接で面接官が見ているポイント

健康かどうか

あまりイメージにないでしょうが、プログラマーは体力を使う仕事です。

受託開発など顧客からの依頼でシステムを開発する場合、覚えることも多いですし、
顧客との意見の違いから精神的にストレスになります。

また、納期が近づいてきたときは残業が多くなりがちで、体力がないと勤まりません。

元気にハキハキと返事をしたり、スポーツをやっていた経験を伝えるとグットですね。

服装、身だしなみ(清潔感はあるか)

ネクタイはしっかりしているか、スーツはちゃんと着ているかなど、
身だしなみを見ている面接官は多いはずです。

特に年配の面接官の場合、靴を見ている方は多いので、綺麗に磨いてから面接に挑みましょう。

また、パッと見の印象になると思うのですが、清潔感も大切です。
ヒゲが伸びている方や長髪の方は不潔な印象になりやすいので、気を付けましょう。

技術力はあるか

当然ですが、技術力が高いほど採用される確率は上がります。

今まで何を経験したのか、それによって何を学んで、何ができるようになったのか。
ざっくり説明しましょう。

また未経験者の場合は、あまり重要なポイントではありません。
元々、企業も期待していませんからね。

それよりも「技術力をつけたい!」と言った姿勢
技術力をつける為に「何をしているのか」を伝えましょう。

資格は持っているか

資格を持っているということは、一定のスキルがある証なので、面接では有利に働きます。

OracleやJavaプログラミング能力認定試験など、
企業にマッチングした資格を所有していれば即戦力と見なされ、かなり有利になるでしょう。

また基本情報技術者や応用情報技術者などの総合的なIT試験も努力の証と見なされるので、
持っていて損はないはずです。
プログラマーへの転職に有利な資格とは?

質問に対して丁寧に答えられるか

企業からの質問に対して丁寧に正しく答えられるか、を見られます。
正直、一番大事なポイントと言えるのではないでしょうか。

ある意味コニュニケーション能力と言えるでしょう。
プログラマーと言っても、ひたすらパソコンに向かって仕事をしている訳ではなく、
メンバーとの会議や顧客との打ち合わせも仕事の内です。

その為、質問に対して正しく答えられるコニュニケーション能力が重要になってきます。

専門的知識を持っているか

会社によっては、専門性が重要になります。

例えば、医療系の企業から「病気のデータを管理するシステム」を依頼された場合、
当然、医療業界に詳しい人の方が有利になります。

特定の業界のシステムを開発する時に専門用語が山ほど出てくるため、
システムのイメージが付きにくいですからね。

特にゲームプログラマーは専門的知識が非常に大切です。
プログラマーには種類がある!Web系や制御系・オープン系など

努力できるか

プログラマーの世界は日々新しい技術が生まれます。
その為、自分のスキルを高めるための努力が必要です。

特に未経験者の場合は毎日が努力の日々になります。
ただ結局は、どの業界であっても、避けて通ることはできないでしょう。

面接時は、今まで頑張ってきたことや、継続してきたスポーツなどの経験を伝えると
印象が良いはずです。

プログラマーへの質問と回答例

ここまで見ているということは、面接官が見ているポイントがわかった方ということですよね。

ただここまでは見ているポイントを押さえただけで、実践的な解説はしていません。

そこで、次は質問と回答例を頭に入れておいて面接に挑むのが吉でしょう。

プログラマーの面接で聞かれる質問と回答例を紹介![逆質問リストも伝授]

プログラマーへの転職を成功させるためには

ずばりプロに相談することです!

要は「転職エージェントを使うべき」ということですね。

転職エージェントでは、IT企業の詳しい情報を聞くことができますし、
面接の練習も可能です。

登録は無料ですので、実際に相談することをおすすめします。

ホワイトIT企業に採用される確率を少しでも上げたいのであれば、
必ず利用するべきです。

仕事はこれからの人生を決めると言っても過言ではないので、
出来る手は全部使いましょう!

転職エージェントの中ではWORKPORTがおすすめですので、一度相談されることをおすすめします。

「転職エージェントってなに?」という方は
こちらをご覧ください↓
ITに強い転職エージェントとは?仕組みと登録後の流れを解説

またおすすめの転職エージェントについての比較もしていますので、
よければこちらもご覧ください↓
[IT企業に強い!]転職エージェントおすすめ6選

最後に

いかがだったでしょうか。

今回はプログラマーの採用面接で見られている7つのポイントについて解説しました。

今回紹介したポイントについて、
しっかり準備を行うと面接も上手く乗り切れるはずですよ。

-面接
-,

Copyright© ITエンジニアの底力 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.