転職の知識

プログラマーに将来性はないのか。現状と今後について解説

更新日:

よくネットで言われているのが、「プログラマーに将来性はない」ということ。

しかし、日々IT技術が進化している中で、そのようなことはあるのでしょうか?

そこで今回はプログラマーの現状と将来性について解説します。

プログラマーの現状

プログラマーの需要

現代のIT技術は凄いスピードで進歩しています。
それにともなって、需要も加速度的に増えているのは間違いない事実です。

転職サイトを運営している「Doda」によると、2019年10月のIT・通信の求人倍率は7.05倍になっています。

全業界の平均倍率2.52倍を大きく上回っており、プログラマーの需要の高さはデータにも表れています。

IT企業としては、人手不足解消の為、プログラマーをドンドン受け入れている状態なのです。

今後もIotやAIの発展により、ITエンジニアの需要は間違いなく増していくでしょう。

プログラマーの需要は、どのデータを見ても増し続けているんだ

プログラマーの平均年収

一般的なプログラマーの平均年収は2017年現在、414.6万円と言われています。

これは全職種の中でも、少しだけ高い水準です。

「思ったより、多くないな・・」と思った人もいると思いますが、それもそのはず。

プログラマーは経験を重ねると、SE(システムエンジニア)にステップアップする為、平均年収の数値は若いエンジニアで算出されているから。

その為、SEの平均年収は540万円とかなり高いです。

ただ、企業によっては、SEのステップアップ先が閉ざされている場合があります。

その場合は、プログラマーとして、定年まで終えることになる為、年収はそこまで高くはならないでしょう。

サラリーマンプログラマーとして、高収入を得るのは難しいんだ

プログラマーの将来性

結論から言うと、「プログラマーがなくなる」なんてことはありません。

今後の需要から考えて、衰退するとは考えにくいからです。

その為、これからはプログラマーにとって、どのような時代になっていくのかを考えていく必要があります。

プログラミングが簡単になる

昔に比べて現在はプログラミングのハードルが下がっています。

これはプログラミングを補助してくれるツールや、ソフトウェアが増えたからです。

例えば、システムのレイアウトであるボタンの作成です。

昔はボタンを設置するだけで、多くのプログラムを書く必要がありました。

一方、現在はマウスでワンクリックするだけで、作れてしまいます。

補助ツールがボタンのプログラムを予め用意しておいて、私たちはそれを呼び出すだけでいいのです。

その為、難易度の高いシステムも短時間で開発できるようになり、世の中のIT化のスピードが早くなっていくでしょう。

プログラミングが簡単になると、どうなるのか

「プログラミングが簡単になる」ということは、「多くの人がプログラマーになれる」ということです。

昔は、スキルのある選ばれた人だけがなれる職種でしたが、今では未経験者でも採用されやすくなっています。

その為、「難しいそうだから、やめておこう・・」と考え、転職を諦めてしまうのは、もったいないでしょう。

一方、年齢の高いベテランプログラマーは、今後厳しくなっていく可能性があります。

というのも、プログラマーの参入障壁の低さから、若い人がドンドン入社してきます。

その為、人件費の高いベテランは企業にとって、邪魔な存在になる可能性があるのです。

実際、プログラミングは若い人の方が優秀で、年齢を重ねるほど「学ぶ力」の低下から難しくなってきます。

その為、プログラマーとして定年まで終えるのではなく、SE⇒PL⇒PMとステップアップ(出世)していくのがベストなのです。

プログラマーからのステップアップが大事

先ほど話したようにプログラマーとして、定年まで仕事をしていくのは厳しいかもしれません。

そこで大切なのは、ステップアップすることです。
まずは要件定義書や設計書などを作成するSE(システムエンジニア)を目指しましょう。

そこからプロジェクトリーダー(PL)→プロジェクトマネージャー(PM)の道が開けてくるはずです。

PLやPMまで来ると給料も高いですし、若手に仕事を奪われることもありません

もし転職することになっても、PLやPMの経験があると好待遇で迎え入れられる可能性が高いでしょう。

PL・PMになると、マネジメントスキルが必要になるから、経験の浅い若手には難しいんだ

会社によっては、ステップアップ出来ない

SEへのステップアップを目指しているとしても、会社によっては難しい場合があります。

これは、客先常駐(SES事業)を中心としている企業にありがちです。

客先常駐とは、エンジニアを他社に派遣される労働形態で、多くのデメリットがあります。

その中の一つに、設計や要件定義などの、上流行程のスキルが上がらないことが挙げられます。

というのも、客先常駐ではプログラミングやテストなどの、下流行程の仕事しか回ってこないことが原因。

その為、SEに必要な上流行程を学ぶ機会がなく、ステップアップが難しいのです。

ステップアップしやすい会社に行くには

 

プログラマーからステップアップを目指すのであれば、「自社開発」又は「請負開発」中心の企業に転職するのがベストです。

特に「自社開発」は給料の高さや残業の少なさなど、多くのメリットがあり、定年まで安心して働くことが出来ます。

自社開発企業への転職は、転職エージェントを利用すると良いでしょう。

転職エージェントとは無料で利用できる転職支援サービス
要は「転職のプロ」です。

転職エージェントには様々なエージェントがいて、その中には「IT企業に詳しいプロ」もいます。

人材豊富な転職エージェントですが、主に下記のようなサービスが利用可能です。

・企業情報の開示
・あなたに合った求人の選定
・非公開求人の紹介
・面接対策
・履歴書対策
・面接の日程調整
・代理での給料交渉
・自己スキル・能力の分析

もちろん「客先常駐企業を避けてほしい」と担当にお願いしたら、希望通りの求人を紹介してくれます。

上記のように様々なサービスをしている為、「ホワイト企業に行きたい!」と思っている方は登録しておくべきです。

無料で利用できるため、使える手は全て使っておきましょう。

✅IT系の転職にオススメの転職サイト

IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT
 ※誰もが知っている大手企業マイナビです。大手だけあって案件も豊富。
 
未経験からの転職ならWORKPORT
 ※IT業界未経験者にオススメです。サポートも充実しています。
 
レバテックキャリア
 ※関東圏の方にオススメです。関東住まいの方は登録しておきましょう。

 

現役ITエンジニアが選ぶ!転職エージェントおすすめ6選

-転職の知識
-, , , ,

Copyright© ITエンジニアの底力 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.