体験談

友達の勤めている会社が超絶ブラックIT企業だった件

更新日:

この前IT企業の営業として働いている友達と、お互いの現状報告をしたのですが、
友達が勤めている会社が超絶ブラック企業だったので、皆さんにもお伝えしたいと思ったこの頃。

友達の会社内立ち位置

冒頭でも話した通り、友達はIT企業の営業職なのだが、なんとこの会社営業職が1人しかいない。
というのも社員が30人未満の小さな会社だからだそうだ。

といっても、個人的に1人でもおかしいと思うのだが、会社経営のことはよくわからないので、多少驚きつつも「そんなものか」と思ってなにも疑問に思わなかった。

ただ実際の業務内容を聞くと、「本当に営業職?」と感じるような立ち位置。

営業らしい業務の他に、人事や会社のマネジメント、SEO対策、ホームページ制作なども行っていて、何でも屋みたいになっていた。

働きすぎだろ!
と思ったのだが、他にやる人がいない為、仕方ないそうな。

ちなみに僕なら絶対むり

まぁ中小企業ならではの人事という部署がない状態。
その為、代わりに友達がやるはめに、、、

立ち位置はなんでも屋さんで役職が結構上な感じがするけど、実際は主任だとさ。
悲しいな~

会社の「意味なし役職図」

友達の会社、役職もよくわからない。
っていうか係長以上がいない?

一応、会社の役職図が書かれた資料には、
「主任→係長→課長→次長→部長」と書かれているらしい。

しかもご丁寧に「部長手当10万」「次長手当:5万」とか手当の額も書いてある。

いやでも係長以上いないじゃん!
意味ない役職図じゃんこれ!
と頭の中でツッコミ。

ただ昔は係長の上がいたらしい。
その名も課長代理。

おお!と思ったが、なぜ代理?課長はどこだ?
友達も理由はわからないみたいだけど、とりあえず課長代理はいたと笑

色々話したが、よくわからない役職図だ。

友達が受託案件で成功しインセンティブ(報酬)獲得!

ここでひとついい話を。

友達が勤めている会社は基本的にはSES(客先常駐)なのだが、
今回受託案件を「担当:友達」で受けたそうだ。

確か400万ぐらいの案件だったのだが、友達は要件定義だけして、他のIT会社に丸投げしたみたいだ。
仲介料として50万円を抜き会社の利益として、受託案件は成功したと。

元々、友達は社長と会社利益50万円のうち25万円をインセンティブとして貰う約束をしていたみたいで、儲けた儲けたと嬉しかったみたい。

ただ、ここから悲報が起こるのだ。

人材獲得の為に、何故か友達のインセンティブ(報酬)が使われる

この前、友達の会社では人材を獲得するために、人材紹介企業の紹介を受けた。

5人候補がいたのだが、その中の1人に目がとまったようだ。
なお、採用をすると人材紹介会社へ50万円を払わなければいけないのだが、どうしても欲しかったようで、払うことに決めたと。

もちろん50万円は会社が払うことになっていたのだが、友達が社長に余計な一言を放ってしまった。

この前の受託案件で得た50万円で払うのもいいですけどね~

もちろん冗談だったと思うのだが、まさかの社長が真に受けてしまった、、、。

「いいね!」と言われ、本当に使われてしまった。
ということで、友達のインセンティブである25万円が消えてしまったのだ。

最後まで、給料日にはプラスで25万円が振り込まれていること掛けていたみたいだが、、。

今回の件で友達は社長に余計な冗談を言ってはダメと教訓を得ただろう。

関わっていない受託案件の赤字を友達のせいにされる

実は先ほど話した、受託案件の他にもう一つ案件があったのだ。

元々こちらの案件に友達は全く関わる気がなく、
インセンティブもいらないから関わらない」と言っていた。

当然、他の方が担当になったのだが、どうも開発に時間がかかり、赤字が出始めていると。

だが、友達は関わっていないから関係ないはず・・・と思いきや社長の「お前の責任でもあるだろう?」的な雰囲気を察知したらしい。

そしてあれやこれやと、いつのまにか連帯責任に、、、。

ということで、こちらの案件の手伝いもさせられているらしい。
その結果として、夜遅くまで残業させられ、辛い日々をおくっている。

しかも一応、営業職ですから、残業代が出ないのは言うまでもない・・。

まさにブラックIT企業!!

最後に

ブラックIT企業勤めの友達の話しでした。
つらいつらい、、自分ならきついなー。

とりあえず僕が友達に言えることは一つだけ、

転職エージェントどうですか?

-体験談

Copyright© ITエンジニアの底力 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.