客先常駐

40代の客先常駐には未来がない。30歳までには転職した方がいい理由

更新日:

客先常駐はIT業界の中で最も多い働き方です。

しかし、40代になっても続けているようだと先の見えない状態に陥ってしまいます。

現在、客先常駐として働いている方は30歳までには転職するようにしましょう。

40代の客先常駐に未来がない理由

客先常駐SEとして40代を迎えてしまうと、企業としては邪魔なエンジニアとして扱われる可能性があります。

✅40代の客先常駐に未来がない理由

・受け入れ先が減少する
・年収・給料と売上が釣り合わなくなる

上記は40代を迎えてしまった客先常駐SEの傾向。

これらの理由によって、会社としても「邪魔な人材」になってしまうのです。

受け入れ先が減少する

40代になると、エンジニアの受け入れ先が急激に減少します。

というのも下記の理由によるものが大きな原因です。

・プロジェクトリーダーより年上になる可能性がある
・物覚えが悪くなる
・論理的思考能力が低下する
・プライドが高くなる

エンジニアはこれらの理由をちゃんと知っておきましょう。

プロジェクトリーダーより年上になる可能性がある

40代になると、客先のプロジェクトリーダーより年上の可能性があります。

客先常駐として入ったエンジニアは基本的にリーダーの部下として配置されます。

その為、リーダーから見ると年下の部下が出来たことになりますよね。

部下とはいえ、会話の仕方やリアクションなどに気を使わなくてはならず、嫌がるプロパー(客先の社員)が多いのが現実です。

また仕事で大きなミスがあっても指摘しずらく、かなり柔らかく伝えるリーダーが多くなりがちです。

常駐SEとしても「そんなに大きなミスじゃないんだな」と受け取ってしまい、再度同じミスをする可能性が上昇することになります。

年上の部下って、仕事がやりづらいんだよね

物覚えが悪くなる

どの職種にも言えることですが、若い時と比べると物覚えがかなり悪くなります。

IT業界は新しいものを日々取り入れる必要があり、技術の進化についていかなければやっていけません。

しかし、40代は新しい技術を吸収する力が低下する為、客先は何回も繰り返し教えなければいけないのです。

一方「経験豊富なんだから、今までの知識が活かせるんじゃないの?」と思う方もいるでしょうが、現場によって使用言語や業務内容がコロコロ変わる為、知識の及ばない範囲というのは必ず出てきます。

論理的思考能力が低下する

論理的思考能力が重要になる仕事として、プログラミングがあげられます。

客先常駐に任される仕事はプログラミングなどの下流行程が中心です。

プログラミングは頭の中でトレースしながら考えることも多く、論理的思考能力が高い人が有利と言われています。

しかし、40代になってしまうと論理的思考能力が低下する為、プログラミングが難しくなっていくのです。

プライドが高くなる

人は年下に対してある程度のプライドがあります。

皆さんも年下からタメ口で話されたり、何か命令されるとイラつきますよね。

年齢があがると相対的に年下が多くなる為、何か指摘されたり注意されると反抗することが多くなるのです。

上司としてはたとえ年下であっても注意しないといけない場合もある為、非常に扱いずらい存在ですよね。

どの仕事にも言えることだけど、人間関係を良くする努力は必要だよ

年収・給料と売上が釣り合わなくなる

通常、年齢が高い人は会社から貰える給料が高いです。

ということは、客先にはエンジニアの給料に見合った高単価で契約する必要があります。

しかし、年齢が高くなると物覚えが悪いなどの理由で高単価での受け入れ先が減少してしまいます。

結果として、契約単価を下げざる負えないのですが、日本の法律上エンジニアの給料を下げることは中々出来ませんよね。

その為、会社としては「売り上げは低いのに、給料は高い」という最悪の状態になってしまうのです。

40代になるとクビになる可能性もある

クビになりやすいと言いましたが、正確には「自主退職に追い込まれる可能性が高い」です。

上記の「40代の客先常駐には未来がない理由」でも説明したように会社にとって邪魔な存在になる可能性があります。

特に受け入れ先が見つからなかった場合は最悪です。

自社内待機、又は自宅待機になる可能性も高く、売上がないのに給料だけ払い続けているという状態になってしまいます。

面談で受かれば良いのですが、40代は「学ぶ力」の低下や単価の高騰などが原因で中々難しいです。

通常、受け入れ先が決まっていない社員は自社内待機又は自宅待機となりますが、その間も給料が発生し会社を圧迫します。
もちろん、客先で働いている訳ではないので、売り上げはゼロで、まさに赤字状態です。

その為、会社としてはクビにしたいこともあるのですが、法律上難しい為、自主的に退社するように催促してくるのです。

40代からの転職先は、客先常駐しかない

40代でも他IT企業に転職することは可能です。

しかし、行きつく先は人材放出の激しい客先常駐中心のブラック企業が多いのも現実。

自社開発・請負開発企業は給料も待遇もそれなりに良いため、退職者も少ない上に応募者も多く倍率が高いです。

そんな中でわざわざ40代のエンジニアを選ぶ必要はないですよね。

その為、退職者が多く応募者も少ない客先常駐企業の選択肢しかないのです。

30歳までには客先常駐から脱出するべき

現在、客先常駐SEとして働いている方は30歳までには脱出(転職)するべきでしょう。
というのも、転職に成功する確率が40代と比べて段違いだからです。

30歳の場合はまだまだ伸びしろがありますし、ある程度IT知識を身に着けている為、多くのIT企業が欲しがっています。

その為、あなたの市場価値が高いうちホワイト企業に転職をしとくのがベストです。

客先常駐から転職するには

客先常駐からの脱出を考えている時は、なるべく早く行動を起こすことが大切です。

その為の行動として「転職エージェント」が最も有効な方法と言えるでしょう。

通常、転職活動をするときはハローワークなどに行き、下記のような求人を探し応募をするといった流れになると思います。

ただこの方法では企業の基本的な情報しかなく、「どのような職場なのか」「あなたが求めている仕事ができるのか」が全くわからないのが現状です。

実際に中途採用者は出世しにくかったり、社内の雰囲気が悪かったりする可能性もあるわけです。

安易に応募してブラック企業に就職したら最悪ではないですか?

このような時に頼るのが転職エージェントです。

転職エージェントでは担当者がヒアリングを行いあなたにあった求人をプロが選別して紹介してくれます。

もちろん自社開発や請負開発を中心としている企業が希望だとしたら、その旨を担当に伝えると、希望に沿った求人を紹介してくれるはずです。

また下記のような様々なサービスを行っているのも特徴です。
・面接対策
・履歴書対策
・非公開求人の紹介
・企業データの公開
・代理での給料交渉

転職エージェントではこれら全てのサービスを無料で行ってくれます。

無料なのには理由があり、簡単に言うと、採用した企業側からお金が支払われるからです。

その為、就活者はお金を気にせず転職エージェントのサービスを受けることが出来ます。

無料ですので、一度登録を行ってみて様子をみるのも良いのではないでしょうか。

✅IT系の転職にオススメの転職サイト

IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT
 ※誰もが知っている大手企業マイナビです。大手だけあって案件も豊富。
 
未経験からの転職ならWORKPORT
 ※IT業界未経験者にオススメです。サポートも充実しています。
 
レバテックキャリア
 ※関東圏の方にオススメです。関東住まいの方は登録しておきましょう。

 

現役ITエンジニアが選ぶ!転職エージェントおすすめ6選

-客先常駐

Copyright© ITエンジニアの底力 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.