転職の知識

【経験者向け】プログラマーの転職に失敗した!5つの理由と対策を解説

投稿日:

この記事はIT業界経験者向けに書いています。

✅下記ことが、知りたい人向け

・プログラマーの転職に失敗する理由
・転職失敗の対策

この記事を読めば、プログラマーが転職に失敗する理由と対策について理解できます。

プログラマーの転職で失敗する理由と対策

失敗理由1:キャリアプランを考えていない

将来に向けて「自分がどのような人材になっていくのか」を明確にしていないと、企業からの評価が落ちます。

というのも、自分のキャリアプランを描けているエンジニアは、将来の予測が付きやすく、それに向かって迷うことなく付き進めるからです。

例えば、下記の例をご覧ください。
Aさん「将来は5年以内にリーダーになって、プロジェクトのマネジメントをしていきたい!その為に設計や要件定義のスキルアップを目指す!」
Bさん「将来のことは、まだ決めてないけど、とりあえず、今を頑張る!」

どうでしょうか。
Aさんの方が印象がいいですよね。

実際、印象が良くなること以外に、エンジニアとして伸びる人材もAさんになります。

Aさんのような目標がある人は、そこから逆算して「どうすれば、リーダーになれるか」ということを考えられ、今何をするべきかを明確化できます。

しかし、Bさんはゴール地点を決めていない為に、「何に対して頑張ればいいのか」がわからないのです。

対策

あなたが、キャリアプランを決めるに当たって、やっていくべきことがあります。

①過去の分析
②現在の分析
③目標の設定

上記の通り。

これらを「①⇒②⇒③」と順番にやっていくことで、キャリアプランが明確になっていくはずです。

①過去の分析
過去の分析をすることによって、「どんな失敗をしてきたか」又それによって、「どのような対策をし、成功したのか」などを書き出してみましょう。

特に大きな失敗や成功は、具体的であればあるほどよいです。

例えば、「自分の開発したシステムに不具合(バグ)があった」といった失敗経験は、

「SEとの意思疎通が上手くいってなかった」⇒「仕様を見誤っていた」対策⇒「SEの伝えたいことが、完全にわかるまで質問をした。」「設計書をもう一度読み込んだ」

など過去に起こったことを明確化していきましょう。

②現在の分析
現在の自分が、「どのような仕事を任されているか」「どのようなスキルがあるか」などを分析しましょう。

分析によって、「過去の経験が、どのように生かされているか」「これから、どのような方向に進んでいくか」が見えていきます。

具体的には、「Web系システムの開発を任されている」「CSS・PHP・JSPのスキルがある」などを書き出しましょう。

③目標の設定
過去・現在の分析を元に、「これから、どのようなエンジニアになっていきたいか」目標を設定しましょう。

「今までWeb系のシステム製造に関わっていた為、今後は設計側に周り、プログラマ⇒SE⇒PLとステップアップしていきたい!」といった具合です。

ここで注意点なのですが、目標の設定だけでなく、期間の設定も必要。

例えば、「3年後にSE⇒5年後にPL⇒10年後にPM」と、具体的な期間を設定することによって、キャリアプランが明確化するのです。

失敗理由2:企業分析が不十分

企業分析が出来ていないと、「どのようなIT会社か」を知ることが出来ません。

結果として、志望理由やキャリアプランを書くことが難しくなります。

極端な例ですが、業務系システム開発会社に対して「日本一のゲームを開発します!」と言っても的外れですよね。
そもそも、そんな仕事やっていない訳ですから。

また、企業分析は自分がやりたいことが出来る会社かを、見分けることにも繋がります。

自社開発系の企業を志望したのに、実際はSES企業(客先常駐)だったら最悪ですからね。

対策

企業分析の中で、プログラマーにとって、最も大切だと言えるのは事業内容になります。

というのも、詳しい事業内容が理解できれば、「志望動機」「キャリアプラン」「企業が求める人物像」が見えてくるからです。

事業内容は企業のホームページを調べればすぐにわかります。

ホームページの事業内容の中で注目するポイントはこちら

①システム開発実績
②SES事業と書かれていないか

①システム開発実績
「システム開発実績」を見ることによって、「自分のスキルが生かせるか」「自分がやりたい仕事内容か」が分かります。
例えば、「Web系勤怠システム」と書かれていた場合、大抵は「CSS、PHP、JSP」などのプログラミング言語が使われます。

その為、「今自分がもっているスキルが生かせるのか」がわかるのです。

②SES事業と書かれていないか
「SES事業と書かれていないか」の場合ですが、これは客先常駐を中心としている企業の可能性が高いです。
客先常駐は将来性のない、契約形態な為、ブラックな所がほとんどになります。

その為、SES事業と書かれていれば、志望企業から外してしまって良いと思います。

客先常駐(SES)を辞めたい。続けていてもあなたの為にはならない理由

失敗理由3:コミュニケーションスキルが足りない

コミュニケーションスキルが不足している人は、プログラマーの転職にも失敗します。

というもの、職場は人と人が関わりあって働く場な為、上手くコミュニケーションが取れないと、仕事が捗らないからです。

正直、最も重要とも言える要素で、いくらスキルが高くても、コミュ力が壊滅的なら、転職することは難しいでしょう。

面接でも言いたいことが、上手く伝えられないと、「何のことか、よくわからないな・・」と思われ、悪印象を与えてしまうのです。

対策

まず、注意して欲しいのが、プログラマーのコミュ力とは、笑わせることではなく、「伝える力(説明力)」や「伝えられていることを、くみ取る力」のことです。

その為、この二つを重点的に鍛えなければいけません。

伝える力(説明力)
まず、「説明力」ですが、単純に人に対して沢山説明すれば、能力は上がっていきます。

具体的方法としては、日常のことを誰かに聞いてもらうことです。

例えば、「朝起きてから、顔を洗ったからスッキリ目覚めれたんよ。そのあとにご飯を食べたんだけど、食欲がなくて残したんだよね。」
といった具合。
ちょっと下手くそな文章ですが、ニュアンスは伝わったはずです。

やってみると、意外と難しく、説明力の向上に繋がりますよ。

伝えられていることを、くみ取る力
これは、伝えられていることに対する知識を増やせばOKです。

例えば、システムの仕様について、SEから説明が合っている途中に「DB」「バックエンド」などの専門用語が理解出来なかった場合、仕様も理解することは難しくなります。

その為、プログラマーであれば、プログラミング言語やデータベース・システム設計のことについての知識を、身に着けておくと、少しの説明で多くのことが理解出来るようになるでしょう。

失敗理由4:年齢が35歳以上

プログラマーは新しい技術や知識を、次々と吸収する「学ぶ力」が大切になってきます。

その為、35歳以上になってくると「学ぶ力」が低下してきたと見なされ、転職に失敗する可能性が高まります。

また、企業社員からすると、年上の部下が出来てしまう可能性がある為、多少なりとも気まずくなる可能性を恐れているのです。

対策

年齢による、悪印象は変えることは出来ません。
その為、年齢に関しては、受け入れた上で、別の部分をアピールしていくことが大切。

まず、35歳以上であれば、プログラマーとしての経験値や、スキルは積み重なっているはずです。

その為、「Java・C#のスキルやLinuxなども経験も豊富」だと言うことを、伝えていく必要があります。

要は、年齢によるマイナスを他の部分で補うのです。

失敗理由5:ITスキル不足

プログラマーとしての経験があると、「ある程度のITスキルはある」と企業は考えています。

そんな中、「HTML・CSS・PHP・JAVAどれも分からない!」と言われてしまっては、転職は成功しません。

プログラマーとして、経験があるにも関わらず、ITスキルがなかったら、「出来ないエンジニアなんだな・・」という悪印象を与えてしまうのです。

また、自分のスキルが生かせない会社を目指しても、中々難しいものがあります。
Web系企業にも関わらず「C#・VB.Net」のITスキルがあっても、生かされないですよね。

対策

方法は二つ。

①ITスキルに見合った企業を目指す
②ITスキルを上げる

①ITスキルに見合った企業を目指す
自分のスキルが「C#・VB.Net」なのだとしたら、業務系システム中心の企業に行けばOKです。
なお、「PHP・CSS」だとしたら、Web系、「C・C++」だとしたら、金融や組み込みです。

事業内容を調べれば、どのようなシステムを開発しているか、わかるはずなので、参考にしましょう。

②ITスキルを上げる
自分のスキルが足りないのだとしたら、単純に上げればOK。

スキルを上げる方法は一つ。勉強です。
勉強は主に「書籍」「インターネット」「プログラミングスクール」で出来ますが、確実なのはプログラミングスクールです。

「書籍」や「インターネット」は独学で勉強することになり、もし詰まったら解決出来ません。
要は、捗らないということですね。

TechAcademy [テックアカデミー]などの、プログラミングスクールは、ITに詳しい専門の講師が教えてくれます。

その為、スキルが上がるスピードも速く、効率も良いのです。

プログラマー経験者が、ホワイトIT企業に転職するには

自社開発や請負開発中心のホワイト企業に転職するには、転職エージェントがオススメです。

転職エージェントとは無料で利用できる転職支援サービス
要は「転職のプロ」です。

転職エージェントには様々なエージェントがいて、その中には「IT企業に詳しいプロ」もいます。

人材豊富な転職エージェントですが、主に下記のようなサービスが利用可能です。

・企業情報の開示
・あなたに合った求人の選定
・非公開求人の紹介
・面接対策
・履歴書対策
・面接の日程調整
・代理での給料交渉
・自己スキル・能力の分析

もちろん「SES企業を避けてほしい」と担当にお願いしたら、希望通りの求人を紹介してくれます。

上記のように様々なサービスをしている為、「ホワイト企業に行きたい!」と思っている方は登録しておくべきです。

無料で利用できるため、使える手は全て使っておきましょう。
少しのことを面倒に思い、ブラック企業に居続けてもあなたの為にはなりませんよ。

✅IT系の転職にオススメの転職サイト

IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT
 ※誰もが知っている大手企業マイナビです。大手だけあって案件も豊富。
 
未経験からの転職ならWORKPORT
 ※IT業界未経験者にオススメです。サポートも充実しています。
 
レバテックキャリア
 ※関東圏の方にオススメです。関東住まいの方は登録しておきましょう。

 

現役ITエンジニアが選ぶ!転職エージェントおすすめ6選

-転職の知識

Copyright© ITエンジニアの底力 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.