エンジニアの疑問

プログラマーに英語は必要なの?勉強するべきか解説

更新日:

基本的にプログラミングコードはアルファベットと数字の組み合わせです。

英単語や英文が含まれていることもあるのですが
そもそもプログラマーに英語って必要なのでしょうか。

そこで今回は
「どのくらいの英語力が必要なのか」
「そもそも英語は必要なのか」
説明していきます。

プログラマーには英語が必要なのか

それではプログラマーには英語が必要なのか。

又は英語が出来ることによって、メリットはあるのか。
説明していきます。

英単語が全く読めないのは厳しい

ご存じの通り、プログラミングのコードは全て英語で書かれています。

アルファベットを見るだけで、
拒絶反応が出るような方は厳しいかもしれません。

コードの中には意味のある英単語が、記載されていることがあり、
それを読めないとプログラミングの難易度がグッと上昇することがあります。

英文は読めないけど、英単語が読めるのならば大丈夫

英文は読めないけど、英単語をある程度読める方であれば、
プログラマーとしてやっていくことは可能です。

先ほども述べましたがコード中には、意味のある英単語が多く出現します。
それらを読むことによって、プログラミングを有利に進めることが可能です。

しかし、英文を読める人の方が有利なことには変わりません。
その理由を次で解説します。

英文が読めると非常に有利

英文まで読める方は、当然プログラミングコード内の英単語は理解できるはずです。

その上でのメリットは、英語で書かれたドキュメントが読めるからです。

基本的には、新技術を学びながら仕事をしていくため、わからないことがあればインターネットで検索します。

プログラミングコードは英語なだけあって、解説しているサイトや資料も
英語で書かれたものが多いのです。

とはいえ日本語で説明している技術も非常に多いので、
英文が読めなくてもプログラマーとしてはやっていけます。

ただ、新技術やマイナー技術は翻訳されていないこともあり、
そのような時は英語力が必要になってきます。

現役プログラマーは英語が出来るのか

結論から言うと、英語が出来る印象はありません。

レベル的に「英単語は読めるけど、英文はよくわからない」という方が多いように思えます。

私の周りでも英文を読める方は少なく、
日本語に翻訳されたサイトを探し回っています。

英語で書かれたサイトしかない場合、
最終手段として翻訳サイトを使ったりしています。

とはいえプログラミングコードに関する資料で出てくる英単語はある程度決まっており、
直観的にわかる方もそれなりにいます。

しかし仕事ができるプログラマーは、やはり英語力が高い気がします。
資料の理解も早い分、仕事のスピードが速いからです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

結論としてプログラマーには「最低でも英単語が読める能力」が必要になります。

また日本であまり使われていないプログラミング言語や新技術は
英文が読める能力があった方が望ましくなります。

英語が出来ない方や英語を勉強したくない方はなるべく
メジャーな技術を使っているIT企業に転職するのも1つの手かもしれません。

例えばC言語やJAVA言語などの有名言語であれば、
日本語の資料も豊富ですので英語を使う機会も減るでしょう。

そのような時は転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントに相談すると、どのIT企業がどの言語を使っているのかなど、
詳しい企業情報を教えてもらうことができます。

転職エージェントについて詳しく知りたい方は
こちらの記事をご覧ください。

ITに強い転職エージェントとは?仕組みと登録後の流れを解説

プログラマー必見!IT業界に強い転職エージェントのメリット・デメリット

-エンジニアの疑問
-

Copyright© ITエンジニアの底力 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.