エンジニアの疑問

プログラマーとエンジニアの違いとは?【エンジニアの種類も教えます】

投稿日:

✅下記ことについて、知りたい方向け

・プログラマーとエンジニアの違い
・エンジニアの種類

こういった疑問に答えます。

この記事を読むと、プログラマーとエンジニアの違いについて理解できますので、是非ご覧ください。

プログラマーとエンジニアの違いとは?

結論から言うと、どちらも同じようなものです。

「じゃあ、なんで呼び方が違うの?」と思われるかもしれませんが、これは枠組みの違いからくるものです。

エンジニアとは、「SE・インフラエンジニア」など、ITに関する職人の総称で、その中にプログラマーが入っています。

その為、エンジニアとは、SEでもありますし、プログラマでもあるのです。

分かりやすい例で言うと、「ラーメン = プログラマ」で、「麺類 = エンジニア」というイメージ。

どちらも同じものですが、枠組みが違いますよね。

エンジニアの種類の一つに、プログラマーがあるんだよ!

エンジニアの種類

エンジニアには多くの種類があり、代表的なものを上げると下記になります。

・システムエンジニア(SE)
・プログラマー
・インフラエンジニア
・Webエンジニア
・データベースエンジニア
・社内SE

上記の通り。

それでは簡単に説明していきましょう。

システムエンジニア(SE)

システムエンジニア(SE)はシステム開発において、用件定義や設計などの上流行程を担当します。

開発の基盤となる役割で、ユーザへのヒアリング力やプログラマーへの説明力などが求められます。

プログラマー

SEが作成した設計書を元に、システムに機能を実装していくのが仕事です。

実際にシステムを形にしていくのが仕事で、その後のテストもプログラマーの担当になります。

開発者としての、一番初めのポジションであり、「SE⇒PL⇒PM」とステップアップしていきます。

インフラエンジニア

インフラエンジニアは、IT技術を利用できる最低限の基盤を整えるのが仕事です。

例えば、メールソフトを使おうと思っても、ネットワークが繋がってないと、利用出来ません。

そんな人の為に、ネットワークの接続設定を行い調整したりするのです。

主な仕事内容は「ネットワーク接続」「サーバー構築」「PC設定」などになります。

Webエンジニア

Webエンジニアとは、Web上にあるサイトやシステムの開発を行います。

例えば、「ホームページ」「ECサイト」などの多くは、Webエンジニアが開発したものです。

Webエンジニアも大きく分けると、「フロントエンジニア」「バックエンドエンジニア」の二種類があります。

フロントエンドエンジニアは、サイトの目に見える部分の開発が担当です。
サイトデザインや、画面遷移など。

一方、バックエンドエンジニアはDBの抽出や削除など、目に見えない部分を担当しており、Webプログラマーと呼ばれることもあります。

データーベースエンジニア

データべースエンジニアは、データベースの設計・構築・運用・保守が仕事です。

「SELECT旬」や「INSERT旬」などのSQLの知識はもちろん、「Oracle」や「SQL Server」などのデータベースも目的によって使い分ける知識・技術力が必要です。

社内SE

社内SEとは、自社内のITに関すること、全てが仕事の対象になります。

主な仕事内容下記。
・社内システムの開発手配
・社内システムの導入・運用・保守
・社内インフラの管理
・IT機器の管理
・自社社員のサポート

社内の何でも屋とも呼ぶべきエンジニアで、幅広いIT知識が必要です。

一方、SEやプログラマーほど、深い知識は必要なく、一分野に特化したスキルが付かないデメリットもあります。

ITにおけるエンジニアとは、SEを指すことが多い

エンジニアとは、総称であることを話しましたが、一般的にはシステムエンジニア(SE)のことを指す場合が多いようです。

とはいえ、「エンジニア=SE」と断定出来るまでは浸透していない為、決めつけてしまうのはやめた方がいいでしょう。

また、プログラマーもエンジニアと呼ばれることが多いです。

基本的には、エンジニアは「プログラマー or SE」のどちらかを指すのが一般的になります。

必ず、SEかプログラマーを指す訳ではないから、気を付けてね!

プログラマーとSEの違い

プログラマーとSEの違いは、システム開発時の担当箇所です。

通常、システム開発は、「要件定義」⇒「設計」⇒「実装」⇒「テスト」⇒「導入」といったフェーズを進みます。

この中で、「要件定義・設計」を担当するのがSE、「実装・テスト」を担当するのがプログラマーです。

通常の企業だと、プログラマーとして経験を積んだ後、SEにステップアップする為、SEになりたい人が多いです。

実際、給料やスキルなどの面から見ても、SEの方が上で市場価値も高くなります。

とはいえ、「プログラミングが好き!」という人は、そのままプログラマーとして働き、フリーランスに転身する人も一定いるのです。

プログラマー(PG)とシステムエンジニア(SE)の違いとは?わかりやすく解説

-エンジニアの疑問

Copyright© ITエンジニアの底力 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.