客先常駐

客先常駐(特定派遣)にもメリットがある!出来る限り並べてみた!

更新日:

現在のIT業界では客先常駐と呼ばれる派遣が9割と言われています。

残業が多い」「給料が安い
などネガティブな声ばかり聞きますが、実際その通りです・・。

基本的に請負や自社開発をしているIT企業が良いのですが、
全くメリットがないという訳ではありません。
プログラマーの労働形態の違い!自社開発、請負、客先常駐、一般派遣

そこで今回は客先常駐の意味とメリットを解説します。

客先常駐(特定派遣)はやめておけ!デメリットを解説します。

客先常駐とは

客先常駐とは、他社が開発するシステムをお手伝いするために他社のオフィスで作業する労働形態です。

要は、「他社の開発を手伝うからそっちに行く!」という意味になります。

自社に出社することはほとんどなく、直接他社に出向き、1日の勤務が終わると直帰します。

客先常駐は特定派遣とも呼ばれており、「ITエンジニアをあなたの企業に貸すからお金ちょうだい」といったシステムになっています。
一般的な派遣と同じようなもので、正社員か派遣社員かの違いしかないようなものです。

客先常駐(特定派遣)のメリット

色んな会社を回れる

客先常駐はしょせんお手伝いなので、1つの案件が片付いたら不要になることがあります。

1つの企業に留まって仕事をすることはなく、案件ごとに様々な会社を回ることになります。

その為、複数の企業を見ることが出来るので雰囲気やスキルなど様々なことを習得・体感することができますし、
新たに出会った人からの情報を仕入れることも可能です。

要は、自分の視野を広げることができるという訳ですね。

様々なシステムに関われる

先ほど話したように、客先常駐は様々な現場を経験します。

その為、ずっと同じシステムに関わることはありません。
現場によって必要なスキルや知識は違い、その都度覚えていく必要があります。

一見面倒な感じがしますが、自分のスキルの幅を強制的に広げるという意味では非常にメリットです。

同じ企業でずっと作業する場合は企業内で既に使っている技術を利用することも珍しくなく、
1つの分野の知識で頭が凝り固まる可能性があるのです。

嫌いな人がいても我慢できる

もし客先に嫌いな人ができても、いつか現場が変わるので我慢しやすいはずです。

「この人と会うのもあと少し、あと少し」と考えれば気が楽になりませんか?

また、どうしても会うのが嫌な場合、自社に相談して現場を変えてもらうなんてこともできるかもしれません。

人脈が広がる

様々な企業を渡り歩くので、自然と知り合いが増えることになります。

「独立しよう!」と考えた時など優秀なエンジニアとの人脈があると、
色々助かることもあるのではないでしょうか。

また友達が増える可能性もあるわけで、休日飲みにいったり遊んだりなどプライベートも充実するかもしれません。

入社しやすい

現在のIT業界は史上最大の人手不足です。

その中でも客先常駐をしているIT企業は、非常に入社しやすいと言えるでしょう。

未経験者でも採用されることが珍しくなく、
現場でスキルをつけてホワイト企業に転職を狙うなんてことも1つの手ですよ。

大手企業で仕事ができるかも

客先が大手企業なんてことも珍しくありません。

私も「楽天」や「パナソニック」で仕事をしている方を知っています。

大企業勤めだと、ネームバリューが半端ではないので勤務先を伝えると「もてはやされる」かもしれませんよ。

責任が少ない

あくまで顧客から依頼されているのは常駐先の企業なので、
特定派遣の方たちには責任が少なくなります。

その為、気楽に仕事を行うことができますし、
もしミスがあっても常駐先のIT企業が責任を負うことになります。

ヘッドハンティングされる可能性がある

自分のスキルを存分に発揮し、認められれば客先に引き抜かれることがあります。

実際、私の周りでもヘッドハンティングされた方もいますし、
あながち低確率な訳ではないようです。

また社内の雰囲気を見れるので実際入社した後でも、
イメージ通りに働ける可能性が高いはずです。

客先常駐のデメリットは?

先ほどまでは客先常駐のメリットについて解説しました。

しかし、いい面もあれば当然悪い面もあるものです。

デメリットについてはこちらの記事にまとめてますのでご覧ください。

客先常駐(特定派遣)はやめておけ!デメリットを解説します。

最後に

いかがだったでしょうか。

今回は客先常駐のメリットについて解説しましたが、
基本的におすすめはしていません。
給料が低いなどの、ブラックIT企業が多いからです。

もしそのようなIT企業に勤めている方は、転職を考えてみてはいかがでしょうか。

次の企業を決める時は、ブラックIT企業に当たらないよう転職エージェントなどのプロに相談することをおすすめします。
自分の力だけで、努力するよりもいい結果になる可能性が高いはずですよ。

ITに強い転職エージェントとは?仕組みと登録後の流れを解説

プログラマー必見!IT業界に強い転職エージェントのメリット・デメリット

[IT企業に強い!]転職エージェントおすすめ6選

ただし、未経験の場合は客先常駐で経験を積んでから、転職するという手もありますよ。

-客先常駐
-,

Copyright© ITエンジニアの底力 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.