転職の準備

IT会社における転勤のデメリット5選!プログラマー・SEなど

投稿日:

プログラマーやSEなどのIT会社に在籍している方はわかると思いますが、
仕事に転勤というものはつきものです。

転勤というと、幅広い地域に人脈が広がることや
フレッシュな気持ちで仕事ができるなどのメリットがあります。

しかし、当然デメリットもつきものです。

そこで、今回は転勤によるデメリットをまとめてみましたので、ご覧ください。

転勤のデメリット5選

慣れてきた仕事を離れなくてはいけない

転勤の前には皆さんがこれまでやってきた、仕事があるはずです。

その仕事については慣れており、スピードも早くストレスも少ないでしょう。
しかし、転勤になると新しい仕事をする可能性があるため、
覚えることも多く、ストレスも増えるはずです。

プログラマーですと支店によってシステム開発に関わる業種が違うことも多くあります。

例えばA支店でのお得意先は工場関係、B支店では金融関係がお得先だとします。

A支店からB支店に転勤になった場合、工場の知識があっても使えない所は多いはずです。
その場合は金融の知識を覚えなくてはいけません。

また、転勤を機に職種が変わる場合もあります。
例えばプログラマーからSEになった場合、今までプログラミングやテスト中心に行っていたところ、
ユーザーのヒアリングがメインになるかもしません。

その場合も勿論、新しい知識が必要になり転勤当初は苦しい思いをするでしょう。

親しい同僚・上司がいなくなる

今まで積み上げてきた、人間関係がなくなります。

転勤後は新しい同僚・上司と一から関係を構築しなければいけません。
最初は気を使いますので、会話も楽しみにくいでしょう。

また今までは気軽に出来た質問も、親しい人がいないため、
質問もしにくくなります。

すると、仕事も捗らず「無能」のレッテルが貼られてしまう可能性も。

特にプログラマー・SEは幅広く深い知識が必要なため周りの助けが必要不可欠です。

引っ越しが必要

転勤ですから、当然引っ越しが必要です。

引っ越しはお金も時間もかかります。
会社が引っ越し代を負担してくれることもありますが、
時間は負担できません。

住まいの変化でストレスも溜まることでしょう。

家族を連れて行かなくてはいけない

家庭がある場合は、家族みんなで引っ越しになる可能性があります。

要は家族を巻き込むことになってしまうのです。
妻が仕事をしていると、辞めなくてはいけない可能性もありますし、
子供は転校が必要かもしれません。

家族全員に負担がかかることでしょう。

1つの仕事を極められない

転勤があると、多少なりとも仕事内容が変わることが多いです。

その為、1つの仕事を極めることが出来ません。

私が知っている、あるIT会社では某工場と長年取引をしています。
その為、そのIT会社に長くいる方は某工場の知識が非常にあります。

その人に聞くと、なんでもわかる状況で、ものすごく仕事が出来ます。
このように1つのことを極めると、生産性が高まります。

また会社がその工場と取引しているうちは、なくてはならない人物となっていくのです。

しかし、転勤があると1つのことを極めることは難しくなるでしょう。

転勤が嫌なら、会社選びは重要

「転勤が嫌だ!」
という方は会社選びが重要になります。

なぜかと言うと、転勤があるかどうかは会社によって大きく違うからです。

支店が全国にあるか、転勤実績はあるかなど自分で調べられることもあるのですが、
それでは不十分です。

そんな時は転職エージェントなどのプロに相談するのが良いでしょう。

転職エージェントではあなたの希望に沿ったIT企業を紹介してくれます。

例えばプログラマー志望の転勤あり、年収400万以上と希望した場合も
あなたの特性に合わせて、求人を選んでくれます。

面接の仕方や社風についても聞けることがあるので、やみくもに応募するよりは安心感は高いでしょう。

また年収の交渉もプロが変わりに行ってくれるため
、大幅アップも期待できます。

登録や転職相談は無料で行えるので、1度行ってみてはいかがでしょうか。

プログラマー必見!IT業界に強い転職エージェントのメリット・デメリット

[IT企業に強い!]転職エージェントおすすめ6選

IT会社における転勤のメリットは?

これまで転勤のデメリットばかり紹介しましたが、当然メリットも存在します。
詳しくはこちらの記事に書いていますので、ご覧ください。

IT会社における転勤のメリット5選!プログラマー・SEなど

-転職の準備
-

Copyright© 未経験でもプログラマーになれる! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.