面接

私の会社でプログラマーの採用面接を有利に進める方法!

更新日:

プログラマーへの転職を考えたとき、避けて通ることのできない採用面接
しかし、採用面接って凄い不安ですよね。

なにを聞かれるんだろう
なにをしゃべればいいのだろう
と色々考えてしまいます。

そんな時、採用面接に向けて準備をしておくと安心します。
しかし今回は「技術力」や「熱意」などの当然な対策は紹介しません。

そちらの基本的な回答についてはこちらをご覧ください。
プログラマーの面接で聞かれる質問と回答例を紹介!対策をしよう!

今回は私が勤めている会社では有効な回答を紹介します。
必ずしも、他社の会社で有効とは限りませんが、参考にはなると思っています。

当社の採用面接で有利になる回答!

副業に興味があることを伝える

世間の流れとして、会社の副業禁止が解除されてきています。

これは政府の方針による結果とも言えますね。
しかし、会社によっては
「副業を許可することによって、本業に支障がでるのではないか」
「副業が成功したら、会社を辞めてしまうのではないか」
と考えて禁止しているところもあります。

一方、私の会社では副業大歓迎です。
なぜかと言うと、副業で得た知識を本業でも活かせると考えているからです。

例えば、私のように副業でブログをしていると、
自然と文章力やホームページ設計の力がつきます。

実際にそれが、資料で説明するときの文章や、
ホームページ設計の依頼があったときに役に立っています。

また副業を考えている又はやっている方は
行動力がある方だと判断されます。

行動力がある人は「やってみよう」「勉強しよう」と考える可能性が高く、
本業での成長も早いと期待されるのです。

プライベートは充実・よく出かけることを伝える

私の会社は「休日はなにをしていますか」と質問をすることがあるのですが、
「よく出かけます」と答えるアクティブな人の方が採用されやすくなります。

外によく出かける人は友達・遊ぶ相手が多いと判断され、
社会性があると判断されます。

要は人づきあいが上手くコミュニケーション能力が高いと思われるのです。

コミュニケーション能力が高い人は、同僚や上司と仲良くなりやすいはずです。

社内の関係が良好になると、わからないことでも気軽に質問ができ、
仕事が円滑に進むようになります。

また周りのストレスも減り、退職者の減少も期待できるのです。

スポーツ好きだと伝える

スポーツが好きな人も採用を有利に進められます。

私の会社は、サッカーやバスケなどのサークル活動をやっています。
その為、サークルに入ってくれそうな方はそれだけで有利です。

またスポーツにはストレス軽減効果があるため、
精神的に落ち込みにくくなり、仕事も円滑に進めやすくなります。

またウチの社長が野球・サッカー好きで単純に好感度があがるのです。

最後に

いかがだったでしょうか。

今回お伝えしたことは、自社の採用面接で通用することなのですが、
他社の面接でも使えることがあるはずです。

その為、
プログラマーの面接で聞かれる質問と回答例を紹介!対策をしよう!
こちらの記事などの基本的な事柄を抑えた後に、
今回紹介したことなどの細かいことについて対策をしてみるといいかもしれませんね。

また狙っている会社の口コミなどをキャリコネで調べ、その会社独自の情報などを話すと効果的ですよ。

-面接
-

Copyright© ITエンジニアの底力 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.