転職の知識

クラウドとは?仕組みと学んでおいた方が良い理由を解説

投稿日:

最近、世間に浸透してきた「クラウド」

しかし、クラウドとは何かよくわからない方も多いのではないでしょうか。
そんな方々の為に今回は、クラウドの意味と将来どうなっていくのかを解説していきます。

クラウドとは

クラウドとはインターネットなどのネットワーク経由で様々なサービスが利用できるサービス形態です。

今まで、自社で持っていたサーバーをネットワーク経由(クラウド)でレンタルすることにより、低コスト・低リスクでの構築・運用が可能になります。

クラウド(cloud)は直訳すると「雲」という意味があり、
ユーザが物理サーバーを意識することなく、雲の中に隠れたコンピューターから提供されるサービスを利用するというイメージが由来になっていると言われています。

クラウドサービスの種類

クラウドサービスには大きく下記の3種類に分かれます。
SaaS
PaaS
IaaS

それでは、どういったものなのか解説していきます。

SaaS(サース)

SaaSは「Software as a Service」の略で、ネットワークを経由してソフトウェアの機能を使えるようにしたサービスです。

わかりやすい例としてSaaSであるYahooメールがあげられます。
今までパソコンからメールを出す場合、メールソフトをインストールして、利用していました。
利用するのにインストールの手間がかかります。

一方、Yahooメールの場合、インターネットに接続してYahooにログインするだけで、ソフトをインストールすることなくメールを出すことが出来ます。
これがクラウドのメリットで、面倒なインストールやセットアップを必要としないのです。

また他の代表的なSaaS(サース)として、GoogleマップやGoogle Appsがあります。

PaaS(パース)

PaaSは「Platform as a Service」の略で、アプリケーションの開発環境をネットワークを経由して利用するサービスです。

アプリの開発に必要なOSやサーバーなど、機能一式をサービスとして扱えます。

プログラマーやSEにとっては非常にありがたいクラウドサービスですので、是非覚えておきましょう。

IaaS(イアース)

IaaSは「Infrastructure as a Service」の略です。

サーバーや記憶装置・ネットワーク機器などのインフラをネットワーク経由で利用できます。

サーバーなどのインフラ機器を自分で持たない為、故障といったリスクが非常に低くなります。もしハードウェアが故障したとしても、サービス提供元が対応するため、自分で対応する必要がなくなるメリットもあります。

クラウドのメリット・デメリット

メリット

どこからでもアクセスが可能

一度クラウドサービスでアカウントを作ると、ネットワークに繋がる環境さえあれば、どこからでもアクセス可能です。

その為、別パソコン間のデータの移動もクラウドを通じて行える為、USBメモリやHDDが必要ありません。

機器やデータの損失リスクが低い

クラウドサービスを利用すると、物理サーバーやデータがクラウド上にある為、損失リスクが低くなります。

クラウドを運営している企業は信用は信用が大事な為、万が一データの損失やハードウェアの故障があるとユーザは離れていきます。

その為、データのバックアップや予備サーバーなどの不測事態に備えての準備は充実しているはずです。

ソフトなどが常に最新の状態になっている

通常はシステムを使い続けると、ソフトなどが古くなっていき、時代の流れに乗り遅れていきます。
しかし、クラウドサービスの場合、ソフトなどを常に最新の状態にしてもらえる為、メンテナンスやアップデートの手間がかかりません。

コストが抑えられる

本来であれば、自分で構築しなければならない、サーバーやソフトなどの環境をクラウドに任せられる為、人件費・ハードウェア代がかかりません。

もちろんクラウドサービスの利用料金はかかりますが、自分で構築するより安上がでしょう。

またメンテナンスなども不要な為、新たな機器やソフト代金もかかりません。

デメリット

カスタマイズがしにくい

クラウドサービスは既製品ですので、必ずしも自分の思惑通りのシステムになっているとは限りません。その為、企業によっては「この部分少し変えたいな」と思うこともあるはずです。

しかし、クラウドサービスで利用しているサーバーや機器は自分の物ではない為、自由にカスタマイズできないのです。

自由にできる範囲もサービスによって様々ですので、
独自のシステムが必要な企業はクラウドを使うべきではないでしょう。

サービスの終了リスク

クラウドサービスを提供している会社が倒産やサーバー攻撃など、不測の事態が起こった場合、サービスが停止する危険性があります。

そのような場合は企業の業務に影響がでてしまうため、セキュリティ対策をしっかりしているなど、信頼できるクラウド企業を選別して選ぶべきでしょう。

また終了リスクに備えて、全てをクラウドに任せずある程度自分で行うことでリスクは軽減されるでしょう。

エンジニアならクラウド技術を身に着けるべき!

クラウド技術は多くのメリットがあるため、これから世界中の企業が取り入れだすでしょう。

大企業はもちろん中小企業まで、様々なものをクラウド化しコスト・リスクの削減を行っていくはずです。

その為、今の内にクラウドの技術を身に着けておくと、企業からは重宝されるでしょう。特にインフラエンジニアの方、又は目指す方は間違いなく習得した方が良い技術です。

クラウド技術の発展によって、今までのインフラエンジニアの技術とは全くことなる知識が必要になる為、時代に取り残されることになりますよ。

クラウド技術が学べるおすすめのプログラミングスクール

私が最もオススメしているプログラミングスクールはネットビジョンアカデミーです。

ネットビジョンアカデミーはインフラエンジニアの中でもネットワークに絞って学習します。もちろんクラウドはネットワークの知識が必要不可欠ですので、身に着けておくと将来の役たつでしょう。

受講期間一カ月の中でほとんどの人がCCNAというネットワーク関連の資格が取れるそうです。

また教室に仲間たちと集まって、講義を受ける為、モチベーションも低下しづらいでしょう。

さらにここでは、就職のサポートをしているため、未経験からインフラエンジニアになる方には打ってつけです。

そして最後にネットビジョンアカデミーは就職先企業からお金を貰っているため、受講料・教科書代など全て無料で学習することができます。

 

-転職の知識
-

Copyright© ITエンジニアの底力 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.