客先常駐

客先常駐(SES)の単価とは?給料との関係を現役ITエンジニアが解説

更新日:

今回は客先常駐(SES)の単価の意味と、給料の関係性について解説していきます。

✅下記のような人向け

・SESの平均単価が知りたい方
・単価と給料の関係性を知りたい方
・SESエンジニアの、給料を上げる方法を知りたい方

上記の通り。

この記事を読むと、客先常駐(SES)の平均単価と給料の関係性について、理解できますので、是非ご覧ください。

客先常駐(SES)の単価とは?

SESでいう単価とは、派遣元が客先にエンジニアを貸し出す金額のことです。

例えば、「エンジニアを1カ月、そちらに貸し出すから、60万円払ってね~」と客先に交渉し、OKだったら契約成立になります。

契約企業によって違いますが、1カ月の中でも労働時間が決まっており、大体月に150~180時間の間です。

労働時間の枠内で働いた場合は、契約単価を派遣元は貰えるのですが、実際に勤務日数が少ない月や残業などがあり、外れる場合もありますよね。

そのような時は時給換算になることが多いです。

例えば、以下のような場合。

実際の勤務時間:140時間
契約勤務時間 :150~180時間
単価     :60万円

まず、単価を契約勤務時間の最低値である150時間で割ります。
「150/60万円 = 4000円」これがエンジニアの時給です。

時給が出せたら、実際の勤務時間である140時間と掛け合わせます。
「140×4000円 = 56万円」

56万円となり、これが、派遣元に支払われる報酬額となるのです。

ちなみに労働時間を上回った場合も、超過分が時給換算され、契約単価にプラスされる形となります。

客先常駐(SES)の平均単価

経験値 平均月単価
2〜4次請の3年未満のSE 30万円~50万円
2〜4次請の3年以上のSE 45万円~60万円
1〜2次請の5年以上のSE 60万円~90万円
直請案件でPMレベル 90万円~120万円

上記がSESの経験値別、平均月単価です。

「2〜4次請の3年未満のSE」は単価が30万円~50万円の間ですが、IT業界未経験だった場合、30万円を切る可能性も十分ありえます。

派遣元として、研修期間として赤字覚悟で派遣している形です。

「2〜4次請の3年以上のSE」などは地方でのSESに多く、最大で60万円程度になります。

また、「単価90万円~120万円」は勤務地が東京で、さらにPM(プロジェクトマネージャ)レベルのスキルが要求される為、一握りのエンジニアしか到達することは出来ないでしょう。

客先常駐(SES)の単価と給料の関係性

SESの単価は「客先常駐(SES)の平均単価」を見て、わかって頂けたと思います。

そこで知りたいのが、「実際の給料はどうやって決まるの?」ってことですよね。

結論から言うと、「単価×0.5」がSESの大体の給料です。

もちろん企業によって、違いが出ますが、50%を多少前後するぐらいで、ほとんど変わらないでしょう。

その為、単価70万円だった場合、給料は35万程度となるわけです。

「少ないよ!」と思われるかもしれませんが、会社としても残った35万円から、社会保険や事務手数料、また営業社員への給料などを支払う必要がある為、そこまで儲かってはいないのです。

客先常駐(SES)の単価は10年で打ち止めになる

SESエンジニアの単価は10年で打ち止めになると言われています。

というのも、一般的なSESエンジニアの限界単価である60万円~80万円が、大体10年程度で到達するからです。

その為、その先はいくら頑張った所で、給料が上がることも少なく、年収500万円程度が限界となるでしょう。

また、将来的には吸収力の低下などで、単価が下がってくる可能性もありえます。

そうなってしまった場合、給料の減給や最悪の場合、自主退社迫られる危険性もあるのです。

客先常駐(SES)が給料を上げるには

結論から言うと、自社開発や請負開発中心の、ホワイト企業に転職するのが手っ取り早いです。

というのも、自社開発や請負開発の場合、利益率が高く儲けている企業が多いから。
単純ですよね。

儲かっている企業は、エンジニアへの還元も大きく、給料もドンドン上がっていきます。

またSESではやらせてもらえない、上流工程の経験や、プロジェクトのマネジメント経験が積める為、スキルアップも段違い

その為、あなたの市場価値も上がり、もし今の会社が嫌になっても、転職が容易にできるはずです。

ホワイト企業に転職する方法

自社開発や請負開発中心のホワイト企業に転職するには、転職エージェントがオススメです。

転職エージェントとは無料で利用できる転職支援サービス
要は「転職のプロ」です。

転職エージェントには様々なエージェントがいて、その中には「IT企業に詳しいプロ」もいます。

人材豊富な転職エージェントですが、主に下記のようなサービスが利用可能です。

・企業情報の開示
・あなたに合った求人の選定
・非公開求人の紹介
・面接対策
・履歴書対策
・面接の日程調整
・代理での給料交渉
・自己スキル・能力の分析

もちろん「SES企業を避けてほしい」と担当にお願いしたら、希望通りの求人を紹介してくれます。

上記のように様々なサービスをしている為、「ホワイト企業に行きたい!」と思っている方は登録しておくべきです。

無料で利用できるため、使える手は全て使っておきましょう。
少しのことを面倒に思い、ブラック企業に居続けてもあなたの為にはなりませんよ。

✅IT系の転職にオススメの転職サイト

IT業界の転職ならマイナビエージェント×IT
 ※誰もが知っている大手企業マイナビです。大手だけあって案件も豊富。
 
未経験からの転職ならWORKPORT
 ※IT業界未経験者にオススメです。サポートも充実しています。
 
レバテックキャリア
 ※関東圏の方にオススメです。関東住まいの方は登録しておきましょう。

 

現役ITエンジニアが選ぶ!転職エージェントおすすめ6選

-客先常駐

Copyright© ITエンジニアの底力 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.