エンジニアの疑問

社内SEの平均年収はどのくらい?様々な指標と徹底比較

投稿日:

IT業界でも人気のある職種「社内SE」
社内SEが人気である理由の一つに平均年収の高さがあげられます。

そこで今回は社内SEの平均年収を様々な角度から調べてきました。

また社内SEとしての年収を上げる方法も教えますので、合わせてご覧ください。

社内SEの平均年収

社内SEの平均年収を様々な角度で紹介します。

✅社内SEの平均年収

・社内SEの年齢別平均年収
・社内SEと日本人の平均年収比較
・社内SEの男女別平均年収
・社内SEの企業別平均年収

上記のデータを記載しますのでご覧ください。

社内SEの年齢別平均年収

※「就活の未来」のデータを参照

年齢 平均年収 月給 ボーナス
20~24歳 312.2万円 21.4万円 55.2万円
25~29歳 406.7万円 27.9万円 71.9万円
30~34歳 468.6万円 32.1万円 82.8万円
35~39歳 513.5万円 35.2万円 90.7万円
40~44歳 553.4万円 38.0万円 97.8万円
45~49歳 585.1万円 40.1万円 103.4万円
50~54歳 609.5万円 41.8万円 107.7万円
55~59歳 600.7万円 41.2万円 106.1万円
60~64歳 450.3万円 30.9万円 79.6万円

上記の表を見ると、50~54歳に平均年収のピークを迎え還暦までほぼ同じ水準で推移します。

60歳から急激に年収が下がっているのは、還暦による再雇用制度の影響です。
再雇用後の年収450.3万でも30~34歳と同水準なのはかなり高いと言えるでしょう。

45歳を超えるとボーナスが100万円を超えてくるの非常にうれしいですね。

社内SEと日本人の平均年収比較

※「就活の未来」のデータを参照

年齢 社内SEの平均年収 日本人の平均年収
20~24歳 312.2万円 263.5万円
25~29歳 406.7万円 343.3万円
30~34歳 468.6万円 395.5万円
35~39歳 513.5万円 433.4万円
40~44歳 553.4万円 467.1万円
45~49歳 585.1万円 493.8万円
50~54歳 609.5万円 514.4万円
55~59歳 600.7万円 507.0万円
60~64歳 450.3万円 380.1万円

社内SEの年収は日本全体の年収と比べかなり高いです。

通常だと職種によっての年収差がつきにくい20~24歳の時点で約50万円離れており、若い時から割と高収入なのがわかります。

また年齢があがるにつれて、年収の差が大きくなっていくことから、昇給の上昇率も高いということです。

社内SEの男女別平均年収

※転職サービス「Doda」参照

男性 女性
562万円 463万円

男女の平均年収の差です。
100万円近い差があるのがわかると思います。

社内SEは年齢が高いほど、年収も多いのですが、女性は結婚や育児などで若いうちに退職する人もいる為、平均年収がどうしても下がってしまいます。

また男性の方がマネージャーなどの管理職になる可能性が高く、年収を押し上げている理由にもなっているのです。

社内SEの企業別平均年収

※転職サービス「Doda」参照

企業名 平均年収
オリックス銀行 年収600~800万円
ハウスプラス住宅保証 370~450万円
ジュピターショップチャンネル 460万円~
デンソー岩手 350~500万円
エレコム 400~600万円
ローム 400~650万円
ローソン 約650万円

有名企業の社内SEの平均年収です。

これを見ると、一番低いのがハウスプラス住宅保証「370~450万円」
一番高いのがオリックス銀行「年収600~800万円」

大企業ほど年収が高い傾向は他の職種同様同じです。

またオリックス銀行に限らず銀行系の社内SEは基本的には高収入だと言われています。

社内SEで年収700万円以上を目指せるのか

社内SEのマネージャーは高収入

社内SEは役職が上がっていくと、やがてマネージャになります。

マネージャーだと年収700万円以上が期待でき、特に大企業ともなると900万円を超えることもあるようです。

通常のSEだとプロジェクトマネージャまで上り詰めたとしても、年収700万円程度な為、社内SEの年収がいかに高いかわかりますよね。

マネージャーの仕事内容

社内SEのマネージャーは「どのようなシステムを導入するか」を検討し遂行します。

導入予定の社内システムが経営の視点から、いかに効果を出せる業務として遂行できるかをまとめていき、提案を行います。

また、導入後の実績を数値にし、さらなる業務効率化のためにデータとして残し、今後の提案に活用します。

部下の管理も仕事のうちで「どの仕事をさせるか」を考え、割り振っていくのもマネージャーとしての責任です。

大切なのは労働と賃金のバランス

比較的、年収が高い職種である社内SEですが「物凄く高い!」というわけではありません。

しかし、仕事において年収より大切にするべきものがあります。それは労働環境です。

社内SEは他業種と比べ、労働環境がかなり良いです。

✅社内SEの労働環境

・勤務場所が変わらない
・残業が少ない
・比較的気楽
・自分でシステムの導入を検討できる

上記は社内SEのメリットであり、他職種との差です。

通常のSEだと「客先常駐」などの労働形態が一般的な為、これらのメリットは存在しないも同然です。

社内SEは賃金と労働どちらもバランスよく整っており、ホワイトな職種と言ってよいでしょう。

社内SEが人気な理由を解説。楽な仕事と言われるのはホント?

社内SEに転職するのは難しい

先に言っておきますが社内SEに転職するのは難しいです。

実際、社内SEの競争倍率について、「レバテックキャリア」がこう述べています。
「社内SEとして転職できるのは5人に1人」
倍率は5倍です。

これは求人数は少なく、応募者が多いのが原因

その為、社内SEに転職を考えている方はIT業界経験者がよいでしょう。

ある程度経験を積んでいる方であれば、可能性は十分あるので、兆戦してみていいと思います。

社内SEへの転職は難しい?仕事内容と効率的な転職方法を解説します

-エンジニアの疑問
-

Copyright© ITエンジニアの底力 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.